メインメニューを開く

北条氏信 (狭山藩主)

江戸時代前期の大名。狭山藩2代藩主

北条 氏信(ほうじょう うじのぶ、1601年慶長6年)- 1625年11月23日寛永2年10月24日))は、河内国狭山藩の第2代藩主。初代藩主・北条氏盛の長男。母は船越景直の娘。正室は佐久間安政の娘。子は北条氏宗(長男)、娘(佐久間勝盛正室)。官位は従五位下、美濃守。

経歴編集

慶長13年(1608年)、父が死去したため、8歳で家督を継ぐ。元和2年(1616年)、狭山陣屋の建築に着手した。寛永2年(1625年)10月24日、25歳で死去し、跡を長男の氏宗が継いだ。法号は竜興院。墓所は東京都渋谷区広尾の祥雲寺。