メインメニューを開く

佐久間製菓株式会社(さくませいか)

  1. 1920年(大正9年)に設立され、太平洋戦争中に廃業した日本の企業。「サクマ製菓株式会社」および2.の「佐久間製菓株式会社」の前身である。
  2. 1948年(昭和23年)に設立された日本の企業。

詳細はそれぞれの節に記す。

目次

佐久間製菓株式会社(1920年設立)編集

佐久間製菓株式會社
種類 株式会社
本社所在地   日本
東京市豊島区
設立 1920年大正9年)
業種 食料品
事業内容 菓子製造
特記事項:太平洋戦争中に廃業。
テンプレートを表示

佐久間製菓株式会社(さくませいか)は菓子を製造・販売する企業であった。

1908年明治41年)に佐久間惣次郎商店として創業され、ハードキャンディ「サクマ式ドロップス」の発売を開始した。それまで日本で作られていたドロップと異なり、クエン酸を使ったこの商品には「夏でも溶けにくい」「見た目に透明感がある」等の特徴があった。1913年大正2年)には入りでの発売を始めている。1920年(大正9年)、北豊島郡西巣鴨町(のちの豊島区)にて事業を株式会社化し佐久間製菓株式会社となった。

1925年(大正14年)、創業者が逝去。1927年昭和2年)、チョコレートの製造に進出するが、後に同社の経営は苦しくなり、取引先から招聘した山田弘隆を役員に据えることとなった。この人物は経営再建を果たし、1937年(昭和12年)からは社長を務めたが、同社は企業整備令によって太平洋戦争中に廃業へ追い込まれた。終戦後、同社で番頭の立場にあった横倉信之助が同名の企業(次節にて詳説)を設立し、山田弘隆の三男山田隆重サクマ製菓株式会社を設立している。

佐久間製菓株式会社(1948年設立)編集

佐久間製菓株式会社
Sakumaseika Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地   日本
171-0024
東京都豊島区池袋2-51-13
佐久間製菓ビル
設立 1948年昭和23年)11月10日
業種 食料品
事業内容 キャンディの製造、他
資本金 2,976万円
売上高 2,127百万円(2006年9月期)
従業員数 101名
外部リンク http://www.sakumaseika.co.jp/
テンプレートを表示
 
サクマ式ドロップス

佐久間製菓株式会社(さくませいか)はドロップなどのキャンディ類を製造・販売する企業である。東京都豊島区池袋に本社を置き、東京都八王子市に工場を持つ。

1948年(昭和23年)、旧・佐久間製菓で番頭の立場にあった横倉信之助によって設立され「サクマ式ドロップス」の製造を再開した。1958年(昭和33年)日本で初めての天然果汁入りキャンディ「キャンロップ・カクテル」を発売し、テレビCMにて知名度を上げた。1969年(昭和44年)八王子工場を建設。1988年(昭和63年)には高果汁の「ニューキャンロップ」を発売している。

備考編集

2008年時点で存在する佐久間製菓株式会社とサクマ製菓株式会社の2社は、前身企業を同じくしているが、それぞれ独立した経営を行っている。

  • 佐久間製菓は「サクマドロップス」(容器として赤色の缶などが使われている)、「キャンロップ」等の発売元であり
  • サクマ製菓は「サクマドロップス」(容器として緑色の缶などが使われている)、「いちごみるく」等の発売元である。

関連項目編集

参考文献編集

  • 串間努『ザ・おかし』扶桑社、1996年、ISBN 978-4594019037、7頁・73頁・82-83頁・87-94頁。
  • 綱島理友『お菓子帖』朝日新聞社、1995年、ISBN 978-4022610836、21-27頁。

外部リンク編集