佐伯 大目(さえき の おおめ[1])は、飛鳥時代の人物。のち宿禰冠位直大弐

 
佐伯大目
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 持統天皇5年(691年)9月
官位 直大弐
主君 天武天皇持統天皇
氏族 佐伯宿禰
テンプレートを表示

経歴編集

壬申の乱が勃発したとき大海人皇子の舎人であり、6月24日に皇子が吉野を出て東に向かった際に従った20数人の男の中にいた。乱の際に他にどのような行動をしたかについては伝わらない。乱の後、80戸の封戸を与えられた。『日本書紀』には12月4日に勲功ある人を選んで冠位を増し、小山[要曖昧さ回避]位以上をあたえたとする記事があるので、大目もこれと同じかそれ以上の位を受けたと思われる。

天武天皇13年(684年)12月2日に、佐伯連は他の連姓の49氏と共に宿禰の姓を与えられた。

持統天皇5年(691年)9月23日に、持統天皇は佐伯大目に直大弐の位と賻物(葬儀の際の贈り物)を贈った。この日か直前に大目が死んだと考えられる。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 旧仮名遣いでの読みは「さへきのおほめ」