佐伯 有清 (さえき ありきよ、1925年(大正14年)3月2日 - 2005年(平成17年)7月19日)は、日本歴史学者

略歴編集

東京市赤坂区生まれ。1952年に名古屋大学文学部国史学科卒業、1957年に東京大学大学院国史学専攻修了、1962年「新撰姓氏録の基礎的研究」で名大文学博士。1952年より母校の法政大学第二高校に赴任、同校長、1971年北海道大学教授、1983年成城大学教授、1995年退任。95年春、勲三等瑞宝章受勲。

1984年に『新撰姓氏録の研究』で、第74回日本学士院賞を受賞。

『日本古代の伝承と東アジア』、『日本古代の祭祀と仏教』、『日本古代の社会と政治』(「佐伯有清先生古稀記念会」編、吉川弘文館、1995年3月)で詳しい紹介がある。

専攻編集

主な著書編集

吉川弘文館刊行編集

  • 新撰姓氏録の研究』(全9冊)、1971-84年、 新版2007年
  • 『新撰姓氏録の研究 拾遺篇』 2001年
  • 『邪馬台国 研究史』 1974年
  • 『戦後の邪馬台国 研究史』 1975年
  • 『古代史への道』 1975年
  • 広開土王碑と参謀本部』 1976年
  • 『研究史 広開土王碑』 1981年
  • 魏志倭人伝を読む 上 邪馬台国への道』
  • 『― 下 卑弥呼と倭国内乱』 歴史文化ライブラリー、2000年
  • 『日本古代史の風貌』 1977年
  • 『日本古代の政治と社会』 1978年
  • 『日本古代氏族の研究』 1985年
  • 柳田国男と古代史』 1988年
  • 『古代東アジア金石文論考』 1995年
 以下は編著
  • 『日本古代史論考』 1980年
  • 『日本古代政治史論考』 1983年
  • 『日本古代中世史論考』 1987年
  • 雄略天皇とその時代 古代を考える』 1988年
  • 『日本古代中世の政治と文化』 1997年
  • 『日本古代中世の政治と宗教』 2002年

その他編集

  • 『日本古代氏族事典』 雄山閣出版、1994年、新装版2015年
  • 橋本増吉『邪馬臺国論考』 平凡社東洋文庫〉(全3巻)、1997年、ワイド版2009年。編・解説
  • 日本古代史研究と史料』 青史出版、2005年
    ※「傘寿記念論集」の予定だったが追悼出版となった、略年譜及び全著作目録。