川副武胤(かわぞえ たけたね、1922年4月15日 - 1993年6月29日)は、日本史学者。

日本史学者・川副博の子として東京に生まれる。第三高等学校卒、1951年東京大学文学部国史学科卒。同大学院、54年鎌倉市史編纂員、60年正倉院事務所技官、67年山形大学人文学部講師、68年助教授、74年教授。69年「古事記の研究」で名古屋大学文学博士。85年定年退官、名誉教授、就実女子大学教授、就実学園理事。

著書編集

  • 『鎌倉の廃寺 禅宗の部』 鎌倉市教育委員会ほか、1960 鎌倉国宝館論集
  • 『古事記』 至文堂 日本歴史新書、1966
  • 『古事記の研究』 至文堂、1967
  • 『日本神話』 読売新聞社、1971
  • 『古事記及び日本書紀の研究』 風間書房、1976
  • 『古事記の世界』 教育社歴史新書 日本史、1978
  • 『日本神話の発見 古代史を作った神々』 読売新聞社、1979
  • 『日本古代王朝の思想と文化』 吉川弘文館、1980
  • 『日本古典の研究』 吉川弘文館、1983
  • 『古事記考証』 至文堂、1993

共著編集

  • 『大和古寺巡礼』青山茂平岡定海共著、社会思想社 現代教養文庫、1962
  • 『鎌倉 その風土と歴史探訪』川副博共著、読売新聞社、1975
  • 『鎌倉廃寺事典』貫達人共著、有隣堂、1980

訳・校注編集

参考編集

  • 「川副武胤先生の還暦を記念して」山極潔「山形大学史学論集」1983-02-25
  • 読売新聞訃報