メインメニューを開く

佐伯 理一郎(さえき りいちろう、1862年4月3日文久2年3月5日) - 1953年昭和28年)5月30日[1])は、日本産婦人科医師。佐伯病院、京都産院各経営主[2]京都看病婦学校、京都産婆学校各校長[2]。学会活動のほか、公衆衛生医史学医師会などで優れた働きをした[3]

略歴編集

文久2年3月5日、肥後国(後の熊本県)に生まれる[1]。佐伯清次郎の長男[2][4]

1878年、県立熊本医学校に入学。1882年7月、熊本医学校卒業[5]。上京し、東京大学で外科ユリウス・スクリバ、内科エルヴィン・フォン・ベルツ、眼科梅錦之丞 の指導をうける。1884年海軍軍医補(横須賀海軍病院)。組合教会系のクリスチャンの佐伯はこの頃、アメリカンボードの宣教医セオダー・ギューリックに出会い、教会の設立に関わることになった。佐伯らはフェリス女学院リラ・ウィン宣教師に協力を要請し、1886年7月15日に井深梶之助和田秀豊伊藤藤吉らにより横須賀日本基督一致教会(現・日本キリスト教会横須賀教会)が設立され[6]、伊藤藤吉が初代牧師に就任する。

1886年から1891年まで、ペンシルベニア大学にて、産科をパンロース教授、婦人科をグーデル教授に学ぶ。米国では日本人留学生の世話をしていたウォルター・モリス宅の夕食会に、内村鑑三新渡戸稲造らと共に列席した[7]1888年、渡欧。ミュンヘン大学でウインケル教授に学び、ライプツィヒベルリンエディンバラを歴訪する。グラスゴーで建造された軍艦千代田に乗り帰国する。海軍軍医学校は産婦人科は設置されないので退官した。1891年、京都同志社病院長。付設京都看病婦学校にて産科を講義。

1953年に永眠。佐伯病院は佐伯医院ウィメンズクリニックとして今に存続している[8]

人物編集

趣味は刀剣、武器、陶器、古書[2]。宗教はキリスト教[2]1879年家督を相続[2][4]

佐伯式養生法(禁酒・禁煙・玄米・菜食・少食)でも知られる[9]

家族・親族編集

佐伯家

京都市上京区室町通上長者町下ル[2][4]

1874年 -
  • 長男・義男(京都産院院長、医師[2]
1894年 -
  • 二男・信男(佐伯病院長、医学博士)[2]
1896年 -
  • 三男、五男、六男[2]
  • 長女、二女、三女[2]
  • [2]
親戚

著書編集

  • 『日本女科史』 1901年
  • 『京都看護婦学校50年史』 1936年
  • 『佐伯式長寿法』 1936年
  • 訳書:『普通看病学』 ビルロート、1895年
  • 訳書:『戦時平時救急看護法』 シュロエデル、1895年、1898年

伝記編集

  • 『阿蘇が嶺のけむり 明治の開業医佐伯理一郎小伝』松崎八重編集、1971年
  • 『追悼:佐伯先生追悼特集』医譚20号、1953年
  • 『佐伯の学校の卒業生たち』京都看護婦学校・京都産婆学校、遠藤恵美子、山根信子、1984年

脚注編集

  1. ^ a b 佐伯 理一郎とはコトバンク。2013年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『人事興信録 第13版 上』サ4頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月29日閲覧。
  3. ^ 泉[2012:275]
  4. ^ a b c d e 『人事興信録 第7版』さ33頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月29日閲覧。
  5. ^ 山崎[2006:495:第2期生卒業生36名中に名前がみえる]
  6. ^ 『日本キリスト教会50年史』p.46
  7. ^ 鈴木範久『内村鑑三』p.30-31
  8. ^ 佐伯医院
  9. ^ 泉[2012:275]

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 泉孝英編『日本近現代医学人名事典』医学書院、2012年。ISBN 978-4-260-00589-0
  • 山崎正董『肥後医育史』鎮西医海時報社 熊本、1929年、熊本大学医学部 復刻版、2006年