メインメニューを開く
1987年撮影、旧佐屋川流域の津島市愛西市弥富市周辺の空中写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
写真中央を流れるのが海部幹線水路。その東西の集落が並ぶ路地がそれぞれ左岸・右岸堤防跡である。

佐屋川(さやがわ)とは、かつて存在した木曽川派川である。

目次

地理編集

現在の馬飼大橋のやや上流、愛知県稲沢市祖父江町本甲捨町野付近を分派口とし、海東郡海西郡の境界を南に流下して、尾張大橋の上流、現在の弥富市五明の上流で木曽川に再度合流[1]、延長約17キロメートルに及ぶ。後に天王川公園となる天王川は、佐屋川の支流であった。

歴史編集

1586年(天正14年)に木曽川の洪水によって木曽川の流域が西に移り、その後残された澪筋が開削整備されて派川となった。江戸時代には佐屋街道が開かれて参勤交代の大名が通るなど交通の要所として栄えたが[2]、木曽川からの土砂流入によって水深が徐々に浅くなっていった。江戸時代には幕府からの貸し下げ金を受けて川浚い(浚渫)が行なわれた記録などが残る[2]

川が浅くなるにしたがって水害の頻度も規模も大きくなっていった。木曽三川分流工事では廃川とすることが決定されたが、分派口の締切りを目前にした1897年(明治30年)9月に起きた木曽川の洪水で佐屋川にも大量の水が流れ込み、9月30日に八開村鵜多須地先(現・愛西市)で左岸堤防の決壊「鵜多須切れ」が発生。八開村にとどまらず十四山村(現弥富市)までの約7,500戸が被害を受けている[3]

分派口は1899年(明治32年)に締切られた。河道の跡地は耕地として利用され、灌漑用水路として佐屋川用水がほぼ同じ場所に引かれた。佐屋川用水は後に木曽川用水海部幹線水路として統合された。現在、分派口跡は愛知県営の都市公園・木曽川祖父江緑地として利用されている。また、元流域である稲沢市などの地域では、現在でも地名として「佐屋川」が残されている。

脚注編集

  1. ^ 「KISSO」Vol.65、P.12
  2. ^ a b 「KISSO」Vol.65、P.13
  3. ^ 「KISSO」Vol.66、P.11

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集