メインメニューを開く

佐竹 昌義(さたけ まさよし)は、平安時代後期の武将清和源氏義光流源義業(進士判官)の長男で、幼名は太郎。佐竹氏の祖。

 
佐竹昌義
時代 平安時代後期
生誕 承暦5年(1081年
死没 久安3年(1147年)?
別名 佐竹冠者
官位 信濃
氏族 河内源氏義光流、常陸源氏佐竹氏
父母 源義業平重幹(吉田太郎重幹)の娘(常陸平氏大掾氏
兄弟 昌義山本義定進士行義、義仲、證玄(源尊)
正室:皇嘉門院長官・快幹あるいは平清幹の娘
継室:藤原清衡の娘
佐竹忠義(大掾忠幹)[1]国分義弘佐竹隆義袋田義宗岡田親義革島義季(革嶋昌成)[2]、安藝(僧侶)、義心(僧侶)、娘(吉川経義室)

嘉承元年(1106年)の常陸合戦の際には祖父の義光・父の義業、外祖父の大掾重幹とともに下野を地盤とする従父の源義国と戦い、義国の勢力の常陸への浸透を防いだ。義国は足利氏新田氏の祖であり、以降、両氏は下野・上野にそれぞれ勢力基盤を築いている。

目次

生涯編集

昌義は父から継承した常陸国久慈郡佐竹郷(現在の茨城県常陸太田市稲木町周辺、旧佐竹村)を中心に勢力を拡張し、旧来から常陸国に土着していた小野崎氏などを屈服させ、奥常陸7郡の支配をさらに進めた。また、正室には奥州藤原氏藤原清衡の娘を娶るなど、隣国の有力者との婚姻も結びその勢力基盤の確立に努めている。

保延6年(1140年)、佐竹寺において一節の竹を発見し、吉兆と喜び姓を佐竹と称したとする伝承がある。また、馬坂城太田城を改修しそこを拠点としている。

子孫 編集

  • 昌義の子のうち、長男の忠義(忠幹)は外祖父の平清幹が棟梁となっている大掾氏の後を継ぎ、次男(六郎とも)の義弘は庶子のために分家して国分氏[要曖昧さ回避]の祖となり、家督は嫡子で三男(四男とも)の隆義が継承した。
  • 寛政重脩諸家譜』によると、次男とされるのは袋田次郎と称した雅楽助義宗。三男の親義は岡田三郎で、同族の木曾義仲に従い、倶利伽羅峠の戦いで討ち死にした[3][4]。四男が隆義と記されており、五男は五郎義季と名乗り、後に昌成と改名した。他に僧侶となった男子(安藝、義心)がいる。

参考文献編集

  • 洞院公定尊卑分脈』今泉定介、吉川弘文館〈故実叢書〉、東京、1899年。NCID BN12488942

脚注編集

  1. ^ 室町時代末期の大掾通幹の兄とは別人物。
  2. ^ 山城国葛野郡川島庄を拠点とした。
  3. ^ 『寛政重脩諸家譜』774頁。
  4. ^ ただし、『源平盛衰記』で登場する源親義(岡田冠者)と混同する見方もある。

関連項目編集