メインメニューを開く

松平 繁子(まつだいら しげこ、1937年2月26日 - )は、日本の脚本家

新潟県出身[1]明治大学文学部仏文科卒業。シナリオ研究所18期生[2]。脚本家デビューは1972年[3]といわれる。

過去には、佐藤悠佐藤繁子佐藤シゲ子のペンネームでも活動していた[1]

作品例編集

太字は、単独脚本と思われる作品。

テレビドラマ(連続)編集

佐藤悠 名義
佐藤繁子 名義
松平繁子 名義

テレビドラマ(単発)編集

佐藤繁子 名義

映画編集

佐藤繁子 名義

著書編集

  • 『妻の定年 長編小説』佐藤繁子 光文社 1983
  • 『ノンちゃんの夢 長編小説』佐藤繁子 光文社 カッパ・ノベルス 1988
  • 『あるときは妻』佐藤繁子 プラネット出版 1990

脚注編集