佐野 讓顯(さの よしあき)は、日本テレビプロデューサー広島テレビ放送代表取締役社長

日本テレビ放送網業務管理担当局次長、執行役員制作局長、日本テレビビデオ取締役副社長などを歴任した。

人物編集

  • 東京都目黒区出身。神奈川県立光陵高等学校東京外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒業後、1980年に日本テレビ入社。現・BS日本代表取締役社長の吉田真や元アナウンサーで現編成局アナウンスセンターアナウンス副部長の井田由美は同期。
  • 主に金谷勲夫渡辺弘の下で番組を制作していた。1998年にチーフプロデューサー、編成局編成部戦略担当部長を経て、2003年からは編成局制作推進部長兼業務部長、2005年からは同局業務管理担当局次長を兼任。このため、担当していた番組は全て吉田真が引き継いだ。
  • 2006年からは日本テレビビデオ(日テレアックスオンに社名変更)に出向し、常務取締役に就任。専務を経て、2011年からは副社長に就任。2012年6月1日付で日本テレビに復帰し、執行役員に昇格と共に桜田和之から引き継ぐ形で制作局長に就任[1]
  • 2014年6月1日付で広島テレビへ出向し、同局の常務取締役、専務取締役を経て現職[2]

エピソード編集

  • 元日本テレビアナウンサーの増田隆生は光陵高校の2期後輩である。

過去の担当番組編集

プロデューサー編集

チーフプロデューサー編集

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ 2012年5月11日(金)日本経済新聞人事欄、読売新聞朝刊2面に掲載。
  2. ^ 日刊合同通信(2014年5月12日(月)―5月9日発行  第59巻 第14274号)