作宮(さくのみや、元禄2年6月27日1689年8月12日) - 元禄5年4月23日1692年6月7日))は江戸時代中期の皇族常磐井宮(桂宮)第 6代。霊元天皇の第十皇子。母は五条為庸女菅原経子。幼少は最初、正宮(まさのみや)で元禄4年(1691年)作宮に改称した。

作宮
(さくのみや)
常磐井宮(桂宮)
続柄 霊元天皇の第10皇子

身位
出生 元禄2年6月27日1689年8月12日
山城国
死去 元禄5年4月23日1692年6月7日
山城国
埋葬 不明
不明
配偶者 なし
子女 養子京極宮文仁親王((第 7代京極宮(桂宮)))
父親 実父:霊元天皇(第112代天皇
養父:八条宮尚仁親王(第 5代 八条宮(桂宮)
母親 菅原経子(五条為庸の娘)
テンプレートを表示

元禄2年8月八条宮尚仁親王が継嗣となる王子のないまま薨去したため、父帝の命によって、親王の継嗣として同年10月宮家を相続し、常磐井宮の宮号を賜る。元禄4年上述のように作宮に改称するが、翌元禄5年4月23日薨去。4歳。法名は、浄功徳院。

作宮については、宮家を継承しているが、宮家の屋敷に入っていなかったため、桂宮歴代に加えない場合もある。