京極宮文仁親王

日本の江戸時代の皇族

京極宮文仁親王(きょうごくのみや あやひとしんのう、延宝8年8月16日1680年9月8日) - 宝永8年3月6日1711年4月23日))は江戸時代中期の日本皇族。京極宮(桂宮)第7代。

京極宮文仁親王
続柄 霊元天皇の第6皇子

身位 一品
親王
敬称 殿下
出生 延宝8年8月16日1680年9月8日
山城国
死去 宝永8年3月6日1711年4月23日
山城国
埋葬 不明
不明
配偶者 正室:不詳
子女 第 1王子:京極宮家仁親王((第8代京極宮(桂宮)))
第 2王子:仁和寺宮守恕入道親王
第1王女:常子女王(専修寺円猷室)
第 2王女:大舟尊梁(光照院門跡
父親 実父:霊元天皇(第112代天皇
養父:八条宮尚仁親王(第 6代 八条宮(桂宮)
母親 藤原宗子(敬法門院)(内大臣松木宗条の娘)
役職 兵部卿
テンプレートを表示

人物編集

霊元天皇の第6皇子として生誕。母は敬法門院藤原宗子内大臣松木宗条女)。幼称は富貴宮(ふきのみや)、または茶々丸(ちゃちゃまる)。

貞享5年(1680年有栖川宮幸仁親王の養子となるが、幸仁親王に実子が誕生したことに加え、元禄5年(1692年作宮の夭折によって常磐井宮(桂宮)が空主となっていたため、元禄8年(1695年)幸仁親王との養子縁組を解消し、翌元禄9年(1696年)7月常磐井宮家を相続し、新たに京極宮の宮号を賜った。

元禄10年(1697年)5月11日親王宣下を受け、文仁と命名される。同月16日元服し、兵部卿に任ぜられる。宝永6年(1709年)4月一品に叙せられる。宝永8年(1711年)3月6日薨去。32歳。法名は、智恵観院。

系譜
  • 御息所:不明
  • 家女房:滋野井直子 - 滋野井公澄の娘
    • 皇子:京極宮家仁親王(若宮、1704-1767) - 8代京極宮
    • 皇子:守恕入道親王(稲宮、1706-1729) - 仁和寺宮、後光明寿院
    • 皇女:某(美目宮、1710-1779) - 専修寺円猷室、紫雲光院観月智円
  • 家女房:浅田連
    • 皇女:大舟尊梁(共宮、1711-1731) - 光照院門跡