保柳 睦美(ほやなぎ むつみ、1905年11月 - 1987年8月16日[1])は、地理学者。

長野県生まれ。1930年東京帝国大学理学部地理学科卒。1947年「亜細亜乾燥地域における最近の気候変化・土地の砂漠化問題」で東京帝国大学理学博士文部省視学官防衛大学校教授、旧・東京都立大学教授、1967年立教大学教授。[2]

著書編集

  • 『北支・蒙古の地理 乾燥アジアの地理学的諸問題』古今書院 1943
  • 『世界の自然と生活 社会科文庫』三省堂出版 1949
  • 『国際理解と社会科における地理教育』古今書院 1952
  • 『義務教育における地図の正しい教え方』日地出版 1953
  • 『新大陸』三省堂出版 社会科地理文庫 1955
  • 『シルク・ロード地帯の自然の変遷』古今書院 1976

編著・監修編集

  • 伊能忠敬の科学的業績 日本地図作製の近代化への道』編著 古今書院 1974
  • 『世界地名辞典』田中薫と監修 古今書院 1954

翻訳編集

  • N.V.Scarfe『新しい地理教育のあり方 世界理解のために』古今書院 1955

編集

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『シルク・ロード地帯の自然の変遷』著者紹介