俳句四季大賞(はいくしきたいしょう)は、月刊誌『俳句四季』の出版元である東京四季出版が主催する俳句賞。2001年に設立。前年に日本国内で出版された句集が選考対象で、他社の類似した賞を受賞した句集は原則として除外される。選考委員は第1回から第10回まで有馬朗人倉田紘文倉橋羊村村上護の4名、第11回より齋藤愼爾仙田洋子高野ムツオ星野高士の4名、第21回より井上弘美岸本尚毅対馬康子渡辺誠一郎の4名。2012年からは俳句四季特別賞、2013年からは30句作品の公募による俳句四季新人賞および俳句四季新人奨励賞の選考も行われており、俳句四季大賞と同時に発表されている(選考委員は共通)。

受賞者一覧編集

俳句四季大賞編集

俳句四季特別賞編集

  • 第1回(2012年)- 三田きえ子 『藹藹』
  • 第2回(2013年)- 前田吐実男 『鎌倉是空』
  • 第3回(2015年)- 大牧広 『正眼』
  • 第4回(2016年)- 山田貴世『喜神』
  • 第5回(2018年)- 秋尾敏『俳句の底力』
  • 第6回(2019年)- 大久保白村『花の暦は日々新た』
  • 第7回(2020年)- 佐藤文子『火炎樹』
  • 第8回(2021年)- 鈴鹿呂仁『真帆の明日へ』

俳句四季新人賞編集

  • 第1回(2013年)- 内山かおる 「冬の虫」、嶌田岳人 「ものいふ道具」
  • 第2回(2014年)- 鶴岡加苗 「指」
  • 第3回(2015年)- 宇志やまと 「絵本開く」
  • 第4回(2016年)- 斎藤真里子 「明日は雪」
  • 第5回(2017年)- 涼野海音「天へ発つ」
  • 第6回(2018年)- 小山玄黙「膝に一花」、板倉ケンタ「胸もと」
  • 第7回(2019年)- 吉田篤子「鏡の中」
  • 第8回(2020年)- 浅川芳直「雪くるか」、曾根毅「焼身」
  • 第9回(2021年)- 織田亮太朗「駐屯地」、倉木はじめ「空箱」

俳句四季新人奨励賞編集

  • 第1回(2014年)- 安里琉太 「海光」
  • 第2回(2015年)- 根木夏実 「月光の味」
  • 第3回(2017年)- 鈴木加成太「交信」
  • 第4回(2021年)- 星野いのり「あかねさす」

参考文献編集

外部リンク編集