メインメニューを開く

僕らはみんな生きている

僕らはみんな生きている』(ぼくらはみんないきている)は、一色伸幸原作のメディアミックス作品。

漫画編集

概要編集

山本直樹作画で、1992年より『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に連載。じゃまおくんは本作の魅力はマタ・ハリも驚きのセーナによるスパイっぷりに尽き、成人向け漫画を手掛ける山本による妖艶な作画もビジネス漫画との取り合わせは意外とバッチリハマっていると評した[1][2]

あらすじ編集

軍事クーデターで政権が何度も入れ替わるアジアの架空の発展途上国タルキスタンに、日本から1人の建設会社サラリーマンが橋の建設プロジェクトで長期海外出張に赴く。そこにはライバル社も参加しており、発注を受けるために様々な手を尽くそうとする、仕事第一民族の日本人を自虐的に描いている。

コミックス編集

小学館ビッグスピリッツコミックスより

ビッグコミックススペシャルより

映画編集

僕らはみんな生きている
We Are Not Alone
監督 滝田洋二郎
脚本 一色伸幸
製作 小林壽夫
丸山富之
油谷昇
深澤宏
榎望
出演者 真田広之
山崎努
音楽 清水靖晃
撮影 浜田毅
編集 冨田功
配給 松竹
公開   1993年3月13日
上映時間 115分
製作国   日本
言語 日本語
配給収入 4億円[3]
テンプレートを表示

1993年、監督は滝田洋二郎、一色自身の脚本で映画化された。松竹の製作、配給。

主題歌『手のひらを太陽に』(作詞やなせたかし、作曲いずみたく)の歌い出しが、作品タイトルになっている。

タルキスタン国のシーンはタイで撮影され、タイの俳優がタルキスタン人を演じている。劇中タルキスタン語として話されている台詞もタイ語である。

あらすじ編集

商社マンで技術者の高橋は橋建設プロジェクト売り込みのため東南アジアのタルキスタンに出張する。自社の駐在員中井戸やライバル社の富田らと共に軍事政権の最高指導者カッツ大佐の主催するパーティーに出席している最中、軍事クーデターが発生する。激しい市街戦が行われる首都に取り残された高橋ら4人は、ジャングルを抜けて空港に向かおうとするが、途中中井戸がゲリラ軍に捕らわれてしまう。

キャスト編集

  • 高橋啓一(真田広之):三星建設技師
  • 富田賢造(岸部一徳):IBC支店長
  • 升本達也(嶋田久作):IBC社員
  • 井関修次郎(ベンガル):蝦の仲買業者
  • 中井戸浩(山崎努):三星建設支店長
  • 倉岡美由紀(早見優):三星建設社員、高橋の恋人
  • 雀崎(螢雪次朗):現地下請
  • 昭子(田根楽子):雀崎の妻
  • セーナ(Kovit Wattanakun):三星建設運転手。ソルボンヌ大学卒の元御曹司。
  • カッツ大佐(Toon Hirunvasup):タルキスタン軍大佐

スタッフ編集

漫画との相違点編集

  • 漫画ではタルキスタン従業員のセーナは女性だが映画では男性。
  • 漫画では中井戸による高橋の帰国の妨害工作が繰り広げられる。
  • ラスト部分も簡略化されている映画に対して、漫画では更に一捻りした展開が待っている。

脚注編集

  1. ^ 5日間の出張のはずが……ジャパニーズサラリーマンの悲哀を描く『僕らはみんな生きている』”. サイゾー (2017年4月21日). 2019年10月14日閲覧。
  2. ^ (2ページ目)5日間の出張のはずが……ジャパニーズサラリーマンの悲哀を描く『僕らはみんな生きている』”. サイゾー (2017年4月21日). 2019年10月14日閲覧。
  3. ^ 「1993年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1994年平成6年)2月下旬号、キネマ旬報社、1994年、 155頁。

外部リンク編集