メインメニューを開く

元 文遙(げん ぶんよう、生没年不詳)は、中国北斉政治家は徳遠。本貫河南郡洛陽県

経歴編集

元晞の子として生まれた。員外散騎常侍を初任とした。父の服喪を終えると、太尉東閤祭酒に任じられた。戦乱がひどくなると、官を辞して林慮山に隠れた。武定年間、高澄に召されて大将軍府功曹となった。

北斉が建国されると、中書舎人となった。後に理由も定かでないまま獄に捕らえられた。年をまたいで文宣帝により釈放され、尚書祠部郎中として起用された。高演が大丞相となって政権を掌握すると、文遙は大丞相府功曹参軍となって、政権の機密に参与した。孝昭帝が即位すると、中書侍郎に任じられ、永楽県伯に封じられた。孝昭帝が落馬の負傷のために死の床につくと、文遙は平秦王高帰彦や趙郡王高叡らとともに遺託を受け、武成帝の擁立に参加した。給事黄門侍郎・散騎常侍・侍中・中書監をつとめた。

566年天統2年)、高氏の姓を賜った。尚書左僕射となり、寧都郡公に進んだ。趙彦深和士開らとともに重用された。569年(天統5年)、高叡や婁定遠らとともに和士開の追放を画策したが、失敗して高叡が殺害されると、文遙は西兗州刺史として出された。武平年間、和士開の死後に東徐州刺史から召されて入朝したが、任用されることなく死去した。

子女編集

  • 元行恭(尚書郎、中書舎人・待詔文林館、北周の司勲下大夫、開皇年間にまた尚書郎となったが、事件に連座して瓜州に流されて死去した)
  • 元行如(著作佐郎)

伝記資料編集