メインメニューを開く

児化

中国語において「児(ピン音:-r)」という接尾語を付加すること

児化(アルか、簡体字: 儿化繁体字: 兒化拼音: érhuà)とは、中国語において「児(ピン音:-r)」という接尾語を付加することである。日本では通例「アル化」と呼ばれるが実際の発音はあまり「アル」には似ていない。北京語東北官話膠遼官話西南官話で頻繁に使用され、普通話にも取り入れられているが、他の地域では使わないところもある。中国大陸で使用されるため、主に簡体字「儿」を用いる。

また、呉語などでは「r」の代わりに「ŋ」となることもある。例えば「麻雀」( 鳥類の麻雀 /mo.t͡si̯ɐʔ/ → 遊戯の麻雀児 /mo.t͡si̯aŋ/、現代中国語ではこの発音により「麻将」と書かれる)[1]

発音編集

「児」は前の音節の母音をR音性を持った音に変化させる。このとき韻尾/i//n//ŋ/は脱落し、/ŋ/の場合は主母音が鼻音化する。中国語では基本的には漢字1文字が1音節に相当するが、「児」は前の漢字と併せて1音節を構成する。

用法編集

様々な意味で使われる。

  • 形容詞畳語形につける。
  • 形容詞や動詞を名詞化させる。
  • かわいらしさを表す。(指小辞
  • 本来とは別の意味を持たせる。
例:白面(báimiàn、小麦粉) 白面儿(báimiànr、ヘロイン)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 孫景濤. “早期“兒”字合音釋例”. 漢語研究的新貌:方言、語法與文獻. pp. pp.191-201. 2019年5月21日閲覧。

関連項目編集