児玉 隆也(こだま たかや、1937年5月7日 - 1975年5月22日)は、日本ジャーナリスト田中角栄金脈問題追及で知られる。

こだま たかや
児玉 隆也
生誕 1937年5月7日
兵庫県芦屋市
死没 (1975-05-22) 1975年5月22日(38歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学第二政経学部
職業 ジャーナリスト

経歴・人物編集

兵庫県芦屋市生まれ。終戦の1ヶ月前、9歳のときに画家だった栄養失調で亡くす。以来、が物売りや雑役婦をして家計を支えた[1]兵庫県立芦屋高等学校を卒業する年の2月、55歳で定年退職した母に、仕送りは要らないから、4年間、東京で勉強させてくれと乞い[1]早稲田大学第二政経学部に入学。働きながら大学に通う。21歳のときに岩波書店の月刊総合誌『世界』の懸賞原稿に入選する。

卒業する1年前から光文社の女性週刊誌『女性自身』の編集部でアルバイトをはじめ、卒業後入社。引き続き同誌編集部に籍を置く。1972年2月に同社を退社してフリーとなる。

文藝春秋編集長田中健五に起用され、1974年11月特別号の田中角栄に関する大特集のうち、「田中角栄研究-その金脈と人脈」(立花隆)とともに掲載された「淋しき越山会の女王」で越山会の金庫番である佐藤昭(後に「佐藤昭子」と改名)と田中の関係及び田中派内での佐藤の影響力について執筆して一躍有名となる。しかし、その頃すでに肺癌に侵されており、翌1975年5月22日、38歳で死去。

死後、児玉の生涯を映画化しようと、企画東宝、監督今井正、脚本山田信夫で伝記映画『愛はとこしえに』の制作が決定するが、突如、中止となった。この中止が江崎真澄ら、政治家の圧力によるものであることを東宝の藤本真澄制作担当副社長が暴露。藤本は1975年10月に副社長を辞職した[2][3][4]

単行本編集

執筆原稿編集

  • 「子から見た母」(1958年8月 岩波書店『世界』)
  • 「極限の中で、兵は天皇を想ったか」(1972年2月 潮出版社『潮』)
  • 「週刊誌を泣かせる朝日新聞広告部」(1972年7月 噂『月刊噂』)
  • 「角栄、天下平定後の武将地図」(1972年8月 講談社現代』)
  • 「あるアイヌ青年の二十四年」(1972年11月 いんなあとりっぷ社『いんなあとりっぷ』)
  • 「巣立ち、稼ぎ、ひとり立ち」(1973年2月 東海大学出版会『望星』)
  • 「津軽の白鳥艦隊司令長官」(1973年3月 いんなあとりっぷ社『いんなあとりっぷ』)
  • 「『若き哲学徒』はなぜ救命ボートを拒んだのか」(1973年6月 文藝春秋『文藝春秋』)
  • 「チッソだけがなぜ?」(1973年10月 文藝春秋『文藝春秋』)
  • 「学徒出陣、三十年目の群像」(1973年12月 文藝春秋『文藝春秋』)
  • 「同期の桜 成立考」(1974年2月 実業之日本社『週刊小説』)
  • 「東伏見の憂鬱 『私学教育と私』にかえて」(1974年6月 早稲田大学校友会『早稲田学報』)
  • 「元祖"ふるさとと人間"宮田輝"」(1974年8月 文藝春秋『文藝春秋』)
  • 「淋しき越山会の女王」(1974年10月 文藝春秋『文藝春秋』)
  • 「イタイイタイ病は幻の公害病か(追跡レポート)」(1975年2月 文藝春秋『文藝春秋』)
  • 「ガン病棟の九十九日」(1975年6月 文藝春秋『文藝春秋』)
  • 「さるのこしかけ」(1975年5月23日号-6月6日号 週刊朝日) ※絶筆

脚注編集

  1. ^ a b 「子から見た母」『淋しき越山会の女王 他六編』
  2. ^ 立花隆『田中角栄研究 全記録(上)』講談社文庫、1982年8月15日、346-351頁。
  3. ^ 春日太一著『仁義なき日本沈没 東宝vs.東映の戦後サバイバル』新潮新書p245-247
  4. ^ 第76回国会 衆議院 予算委員会 第8号 昭和50年10月29日”. 国会会議録検索システム. 2020年7月23日閲覧。

参考文献編集

  • 立花隆『田中角栄研究 全記録(上)』講談社文庫、1982年8月15日。ISBN 978-4061341685