メインメニューを開く

入交 好脩(いりまじり よしなが、1908年4月8日 - 1999年6月8日)は、日本経済史学者、早稲田大学名誉教授。

早大卒、早大商学部教授を1978年まで務め、徳川時代の経済史、および幕末土佐藩史を研究した。兄は坂本龍馬の銅像を建てた入交好保

著書編集

  • 社会経済史研究序説 雄松堂書店 1940
  • 社会経済史研究 時潮社 1943
  • 近世経済社会の生成 社会経済史研究 鱒書房 1947
  • 近代経済史上の問題史的系譜 小石川書房 1948
  • 封建制崩壊過程の研究 早稲田大学出版部 1948
  • 明治維新史研究の発展 その研究史と文献解題 同文館 1949
  • 日本農民経済史研究 鎌倉文庫 1949
  • 封建社会の構造 時潮社 1950
  • 政治五十年(二十世紀日本文明史 第1巻) 時事通信社 1951
  • 岩崎弥太郎 吉川弘文館(人物叢書) 1960
  • 徳川幕藩制の構造と解体 雄松堂書店 1963
  • 武藤山治 吉川弘文館(人物叢書) 1964
  • 土佐藩経済史研究 近世土佐藩経済史研究第1 高知市立市民図書館 1966(市民叢書)
  • 経済史学の理論と実証 雄松堂書店 1967
  • 幕末の特権商人と在郷商人 創文社 1977.5
  • 先師景仰 私家版 1978.11
  • 武市半平太 ある草莽の実像 中公新書 1982

共編著編集

  • 経済史学論集 大塚久雄共編 河出書房新社 1962(大学セミナー双書)
  • 経済史学入門 1-3 井上幸治共編 広文社 1966―1967
  • 日本経済史学入門 井上幸治共編 広文社 1967