メインメニューを開く

井上 幸治(いのうえ こうじ、1910年7月10日 - 1989年9月9日)は、日本の歴史学者。専攻は西洋史(近代フランス史)で、フランス史書・哲学などの翻訳・監修も多い。

略歴編集

埼玉県秩父郡大宮町(現・秩父市)出身。旧制浦和高等学校の文科丙類(フランス語)[1]での友人に、同級生のジャーナリスト柳沢恭雄、二年後輩で警視総監になった原文兵衛がいる。1930年3月同校卒業[2]。1933年(昭和8年)に東京帝国大学文学部西洋史科卒業[3]平凡社勤務などを経て、1953年(昭和28年)から神戸大学立教大学津田塾大学の教授を歴任した。

「戦後の西洋史研究のひとつの基礎をきずいた」[4]とされ、教科書・概説書の編集にも参与した。専門の近代ヨーロッパ史は経済や社会・国際関係など幅広い視野で研究を行い、晩年はアナール学派紹介を多く行った。

同時に明治日本を対象として、史料に基づき高度な歴史学的総合研究・調査に着手し、特に郷里の埼玉西北部の秩父郡地域でおきた秩父事件研究では、史料集成の大著を編纂し、(没後刊も含んだ)総合科学として構想した研究で、事件を「自由民権運動の最後にして最高の形態」[5]だったと規定している。

1989年、肺癌のため死去[6]

著書編集

編著編集

訳書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 豊田源之助と井上は同級生。金井敬七『改訂 無諡の人 - 豊田源之助遺稿集』 文芸社, 2003年 ISBN 4835557662
  2. ^ 浦和高等学校編『浦和高等学校一覧 第9年度(自昭和5年至昭和年)』浦和高等学校、p.268
  3. ^ 東京帝国大学編『東京帝国大学一覧 昭和8年度』東京帝国大学、1933年、p.524
  4. ^ 『日本人名大辞典』 講談社, 2001年。ISBN 4062108003
  5. ^ 『秩父事件』 中公新書, 1968年
  6. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)4頁