メインメニューを開く

入江 則賢(いりえ のりかた、文政2年12月18日1820年2月2日) - 明治23年(1890年8月23日)は、幕末地下人入江則恭の子。

一条家諸大夫天保6年(1835年元服して正六位土佐守に叙任され、天保12年(1841年内蔵助弘化4年(1847年雅楽頭を歴任。

勤皇活動に従事したために、安政5年(1858年安政の大獄で捕われる。安政6年(1859年)江戸に送られ、一条忠香に入説した事を咎められて、中追放刑となった。文久2年(1862年)大赦によって許され、翌文久3年(1863年)復位する。元治元年(1864年従四位上となり、慶応3年(1868年兵部権少輔に任じられている。

墓所は京都府京都市左京区知恩寺善導院。