一条家

公家の五摂家のひとつ

一条家いちじょうけ旧字体(一條家)は、公家五摂家のひとつで華族公爵家のひとつである[1]。別称は桃花殿。

一条家
家紋
一条藤いちじょうふじ
本姓 藤原北家九条流嫡流
家祖 一条実経
種別 公家摂家
華族公爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 一条実経
一条兼良
一条昭良
一条兼香
昭憲皇太后
支流、分家 醍醐家公家侯爵
土佐一条家武家男爵
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

藤原氏北家摂関家九条流で、鎌倉時代にその家を確立した公卿である。九条道家四男一条実経(幼名を三寅という摂家将軍九条頼経が道家三男であった)を祖とする。実経は長兄で九条家の嫡流である教実、次兄で二条家の祖である良実と比べ、父・道家に溺愛されていたため、彼が創建した一条殿を実経が受け継いで住んだ事が家名の由来。また、道家の溺愛ぶりにより一条家には九条流の政治的権威を裏付ける桃華堂文庫(後二条師通記、玉葉、玉蘂)が伝来している。序列は近衛家に次ぎ、九条家とは同格、二条家鷹司家の上位に列した(なお、九条家とは南北朝時代九条流嫡流を巡って相論となったが、後光厳天皇によりいずれも嫡流であるとの綸旨が下された。詳細は九条家の項目を参照のこと)。なお、一条房経の代で実経の血脈が絶えるが、二条良基の子である経嗣が一条家を継承した。家紋一条藤江戸時代家禄は初め1000石、後に1500石へ加増、幕末は2044石。維新後実輝公爵に叙せられた[2]。別称は桃花殿。

室町時代一条兼良は、政治以外に、源氏研究以下の学問(日野富子にも進講した)や連歌の文化的活躍も残した。また、戦国時代には一条教房が、応仁の乱を機に所領であった土佐に下向し、朝廷の高位を保持したまま在国し続け、領土の支配権を貫いた。教房の長男で家督するはずだった一条政房は摂津福原で乱兵のために横死し、兄政房の死後に誕生した一条房家は分家して戦国大名化し土佐一条家となった。のちに一条房家の次男一条房通が、再び大叔父の一条冬良(一条兼良の末子)の婿養子になって関白職を引き継ぎ、中央に返り咲いたので、一概に土着かつ武門化したとは言い難いのが実情であろう。

江戸時代初期、関白一条昭良の次男冬基醍醐家清華家家格)を創立した。幕末期の当主・一条忠香の三女・美子が明治天皇皇后となった(昭憲皇太后)。

昭良の実父は後陽成天皇であり(皇別摂家)、安土桃山期の近衛家当主前久の娘前子を生母としている。現在の一条家は天皇家の血を以下の形で引き継いでいる。

 後陽成天皇一条昭良醍醐冬基冬熙経胤輝久―四条隆生―隆謌一条実輝―経子―実文実昭―実綱―---

また、現当主・一条実昭吉良義央の九世子孫[3]にあたる。

 義央-菊姫(大炊御門経音室)-経秀-家孝-経久-家信-師前一条実孝実文実昭-実綱

主な人物編集

系譜編集

幕末の領地編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の一条家領は以下の通り。(11村・2,044石余)

  • 山城国愛宕郡のうち - 3村
    • 岡崎村のうち - 451石余
    • 田中村のうち - 16石余
    • 千本廻りのうち - 21石余
  • 山城国葛野郡のうち - 1村
    • 壬生村のうち - 8石余
  • 山城国乙訓郡のうち - 3村
    • 久我村のうち - 500石
    • 物集女村のうち - 158石余
    • 寺戸村のうち - 50石
  • 山城国紀伊郡のうち - 2村
    • 吉祥院村のうち - 229石余
    • 東九条村のうち - 108石余
  • 山城国相楽郡のうち - 2村
    • 小寺村のうち - 211石余
    • 鹿脊山村のうち - 288石余

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 

関連項目編集

系譜参考編集