メインメニューを開く

入江相政日記

入江相政日記』(いりえすけまさにっき)は、昭和天皇侍従長を務めた入江相政(1905年生まれ)が1935年から、1985年9月に死去する前日までほぼ毎日記した日記。朝日新聞社で公刊された。

概要編集

入江は1969年から1985年まで侍従長を務め、80歳を迎えたのを機に、10月1日付けで退任を公表していたが、その前々日の9月29日の日曜日に自宅で歿した。

戦前から太平洋戦争前後の混乱、戦後の復興とそれに伴う象徴天皇制の確立・定着に至る昭和天皇、香淳皇后をはじめとする皇室旧皇族の動静、歴代侍従長はじめ宮内庁関係者の横顔、旧堂上華族家だったが敗戦・占領改革による生活難を、皇室を題材としたエッセイの数々を執筆し文筆家となることで、克服していく入江一家の生活史などが、随筆家らしい平易な文体で綴られている。

1959年(昭和34年)の皇太子明仁親王正田美智子の結婚に至るまでの香淳皇后や女性皇族・華族婦人達の反発、70代を迎えた昭和天皇の健康の衰え、またあまり知られていなかった数々の秘話では、GHQの意向で初代宮内庁長官となった田島道治の独断により、天皇・皇后が1953年(昭和28年)1月に亡くなった秩父宮雍仁親王の葬儀には参列できなかったことや、今城誼子(皇后に仕えた女官で、入江らと対立関係にあった、1971年に退職)をめぐる宮中内の騒動なども、当事者の立場で記述されている。

刊行書籍編集

  • 『入江相政日記』全6巻、朝日新聞社、1990 - 1991年
  • 『入江相政日記』全12巻、朝日文庫、1994 - 1995年
    • 長男入江為年監修で、宮内庁詰め記者の岸田英夫らが編集担当、最終巻に人名索引。なお昭和から平成へ代替わりした時期に、朝日新聞朝刊で抜粋連載された。

関連項目編集