メインメニューを開く

全日本学生柔道体重別選手権大会(ぜんにほんがくせいじゅうどうたいじゅうべつせんしゅけんたいかい)は日本の学生柔道の個人戦。毎年10月に日本武道館で開催されているが、2019年度は武道館改修工事のため秋田県立武道館で開催予定[1]。主催は全日本学生柔道連盟朝日新聞社UNIVAS CUP指定大会。

目次

概説編集

1982年に全日本学生柔道選手権大会から独立して第1回大会が開催される[2]読売新聞社が大会を後援していた第1回から第20回大会までは正力松太郎杯全日本学生柔道体重別選手権大会という名称だったが、朝日新聞社が大会を後援するようになった第21回大会から正力松太郎杯が除かれ現在の名称となった。女子は1985年に無差別のみで始まったが、翌年2階級になりその後は6階級に増えて、1994年になってようやく男子と同じ7階級で実施されることとなった。2015年以降に大学へ入学した選手は、連盟が定めた必修単位取得数を下回った場合、今大会を始めとした連盟主催の大会には出場できないことが決まった[3]。 2016年からは今大会を含めた全日本学生柔道連盟主催の大会でカラー柔道着が導入されることになった[4]。また、女子は白線入り黒帯でなく、男子と同様の黒帯が用いられることになった[5]

階級編集

男子
  • 60kg級
  • 66kg級
  • 73kg級
  • 81kg級
  • 90kg級
  • 100kg級
  • 100kg超級
女子
  • 48kg級
  • 52kg級
  • 57kg級
  • 63kg級
  • 70kg級
  • 78kg級
  • 78kg超級

過去の主な優勝者編集

オリンピックや世界選手権で優勝した選手

放送編集

大会後、優勝大会同様BS11デジタルで決勝戦を中心に放送。

脚注編集

外部リンク編集