メインメニューを開く

薪谷 翠(しんたに みどり、1980年8月15日 - )は、和歌山県那賀町(現:紀の川市)出身の日本の女性柔道家。現在はミキハウス柔道部でコーチを務める。身長163cm。体重93kg。塚田真希とともに日本の女子柔道重量級を支えた選手のひとり。

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界柔道選手権
2001 ミュンヘン 78kg超級
2005 カイロ 無差別級
アジア大会
2006 ドーハ 78kg超級
アジア柔道選手権
2000 東京 無差別級
2001 ウランバートル 78kg超級
2001 ウランバートル 無差別級
2007 クウェート 78kg超級

略歴編集

柔道は小学校4年の時に始める[1]。 中学1年の時には全国中学校柔道大会56kg超級で1年生にして優勝を果たした。 また、柔道の他に寝技強化のためにレスリングも習い始めて、同じく中学1年の時には全日本レスリング選手権大会75kg級に出場して史上最年少の12歳で優勝を飾ったものの[2]、柔道の強化にはならないと判断してレスリングはやめた[3]。 その後、大阪工業大学高等学校筑波大学体育専門学群を経て、2003年にミキハウスに入社する。

2005年世界選手権で念願の優勝を果たす。

2008年全日本女子柔道選手権を最後に現役からの引退を表明。全日本柔道連盟の女子シニア及びミキハウス柔道部のコーチに就任した[4]

得意技は、燕返小外刈

燕返の他にも、内股すかし大内返等の同じ後の先の技となる返し技や袖釣込腰といった、難しい技を数多く持ち合わせている。 また、一本背負投もよく使っていたが、膝の故障がきっかけとなって、体落をマスターした。

2013年3月には女子柔道強化選手への暴力問題で、連帯責任により受けていた戒告処分が取り消されることになった。しかし、新体制の代表チームコーチからは外れることになった[5][6]。その後、代表チームにコーチとして復帰することになった[7]。2016年10月には代表チームのコーチを退任した[8]

主な戦績編集

脚注編集

外部リンク編集