メインメニューを開く

八丁駅(はっちょうえき)は、三重県名張市東町にかつてあった近畿日本鉄道伊賀線鉄道駅廃駅)である。

目次

駅概要編集

伊賀線の上野町・名張(後の西名張)間は近鉄大阪線より先に開業した。 しかし、その後開業した参宮急行電鉄名張伊賀神戸間では路線がほぼ伊賀線と並行する形になった。このため、大阪電気軌道では西名張・伊賀神戸間の列車を大幅に削減したので、八丁駅は急速に凋落を見せることとなる。

戦時中、近鉄大阪線と競合する西名張・伊賀神戸間は、不要不急線扱いで一旦休止されたが、戦後に近鉄大阪線と伊賀線では軌間が異なっていたこともあって、関西本線に直通する貨物列車の便を図って復活した。

その後、貨物列車の廃止方針に伴い1964年昭和39年)に廃止された。

現在は痕跡をほとんどとどめず、駅のあった場所は東町集議所となっている。

沿革編集

隣の駅編集

近畿日本鉄道
伊賀線
西名張駅 - 八丁駅 - 蔵持駅

関連項目編集