メインメニューを開く
国道442号標識
八女筑後バイパス(福岡県八女市)

八女筑後バイパス(やめちくごバイパス)は、福岡県八女市から福岡県筑後市に至る国道442号バイパスである。

路線概要編集

  • 距離:8.14km
  • 起点:福岡県八女市大字納礎
  • 終点:福岡県筑後市大字久富

八女市納楚の国道442号現道との分岐部から八女市大島の国道3号交点までの1.16kmは2013年5月25日に開通[1]し、これをもって全線開通。終点にて筑後バイパスと接続し、さらに大木大川バイパスへと連続している。

バイパスの開通に伴い、並行する旧道は福岡県道795号湯辺田八女線福岡県道96号八女瀬高線福岡県道793号柳瀬筑後線福岡県道706号筑後城島線に変更されている。[2]

接続路線編集

周辺編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集