メインメニューを開く

国道209号

日本の福岡県を通る一般国道

国道209号(こくどう209ごう)は、福岡県大牟田市から同県久留米市に至る一般国道である。

一般国道
国道209号標識
国道209号
地図
総延長 35.7 km
実延長 27.0 km
現道 27.0 km
制定年 1953年指定
起点 福岡県大牟田市
有明町交差点(地図
終点 福岡県久留米市
東町交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道208号標識 国道208号
国道443号標識 国道443号
国道442号標識 国道442号
国道264号標識 国道264号
国道3号標識 国道3号
国道322号標識 国道322号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
国道208号・国道209号濃施交差点(福岡県みやま市)
国道209号(福岡県久留米市日吉町付近)
筑後市を通過する国道209号

概要編集

国道3号と共に筑後地方を縦断する幹線道路であり、ニーマルキューと呼ばれることも多い。

起点は大牟田市だが、みやま市高田町濃施までは国道208号との重複区間となっている。そのため、沿線のキロポストは単独区間が始まるみやま市高田町濃施から(まで)の表示となっている(ちなみに、濃施交差点にはあたかもそこが起点であるかのような道路標識も設置されている)。

国道3号(旧・鹿児島街道)は熊本市から熊本県山鹿市福岡県八女市など内陸部を経由して久留米市に至るのに対し、当路線は大牟田市、筑後市といった都市部を経由して久留米市へ至る。このため、区間利用を含めて交通量は多いが、大牟田市内の国道208号との重複区間の一部や久留米市荒木町の野伏間交差点から終点までの区間を除いて片側1車線となっているため、全線を通じて流れが悪く、渋滞することも少なくない。

全線で鹿児島本線と並行する。

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史編集

路線状況編集

通称・バイパス編集

  • 津福バイパス(久留米市:久留米市荒木町白口 - 津福今町 - 津福本町 - 梅満町)
  • 明治通り(久留米市:久留米市六ツ門交差点 - 東町交差点)

重複区間編集

  • 国道208号(福岡県大牟田市有明町・有明町交差点(起点) - みやま市高田町濃施・濃施交差点)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

交差する道路 市町村名 交差する場所
国道208号 重複区間起点
国道389号
国道501号
大牟田市 有明町 有明町交差点 / 起点
福岡県道・熊本県道3号大牟田植木線 築町 築町交差点
福岡県道・熊本県道5号大牟田南関線 旭町 東新町2丁目交差点
福岡県道786号手鎌三池線 草木 草木交差点
福岡県道727号銀水停車場線 草木 銀水駅前交差点
熊本県道・福岡県道10号南関大牟田北線 甘木 元村交差点
福岡県道782号倉永三池線 倉永 西鉄渡瀬駅前交差点
福岡県道785号上楠田濃施線 みやま市 高田町濃施 濃施南交差点
福岡県道726号渡瀬停車場線
福岡県道780号黒崎開濃施線
高田町濃施 濃施南交差点
国道208号 重複区間終点 高田町濃施 濃施交差点
福岡県道94号高田山川線 高田町今福 飯江川橋交差点
福岡県道714号高田柳川線 瀬高町太神 井手ノ上交差点
福岡県道776号松田大江線 瀬高町大江 真木南交差点
国道443号 / 三橋瀬高バイパス 瀬高町小川 金栗交差点
国道443号 瀬高町下庄 恵比須町交差点
福岡県道725号瀬高停車場線 瀬高町下庄 緑町交差点
福岡県道791号富久瀬高線 瀬高町文廣 吉岡交差点
福岡県道774号飯江長田線 瀬高町長田
福岡県道715号湯辺田瀬高線 瀬高町長田 長田交差点
福岡県道96号八女瀬高線
福岡県道724号船小屋停車場線
筑後市 大字尾島 船小屋交差点
福岡県道96号八女瀬高線 大字尾島 尾島交差点
福岡県道706号筑後城島線
福岡県道793号柳瀬筑後線
大字山ノ井 山ノ井交差点
国道442号 大字羽犬塚 免許試験場入口交差点
佐賀県道・福岡県道15号佐賀八女線 大字熊野 上原々向山(かんばらばらむかいやま)交差点
福岡県道84号三潴上陽線 大字一条 一条交差点
福岡県道86号久留米筑後線 重複区間起点
福岡県道722号荒木停車場線
久留米市 荒木町荒木 相川(あいごう)交差点
福岡県道86号久留米筑後線 重複区間終点 荒木町荒木
福岡県道89号瀬高久留米線
都市計画道路東合川野伏間線
荒木町白口 野伏間交差点
福岡県道755号安武本国分線 津福今町 十二軒屋西交差点
福岡県道753号一丁田久留米停車場線 小頭町 小頭町交差点
国道264号 六ツ門町 六ツ門交差点
福岡県道758号藤田日吉町線 日吉町 日吉町交差点
国道3号
国道322号
東町 東町交差点 / 終点

※以前は終点の東町交差点で国道210号に接続していたが、210号の経路変更により直接接続しなくなった。210号へは、六ツ門交差点を直進して市道櫛原バイパスを経由する、終点から国道3号を経由する、終点を直進して国道322号(旧210号)を経由するなどの方法がある。

交差する鉄道編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2007年1月29日に3町が合併してみやま市発足。
  3. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集