メインメニューを開く

八宝茶 [babaocha] (バーバオチャ) は、中国全土で多くの人々にとって、親しみのある伝統的なお茶の一つである。茶葉の貴重な地域で、茶葉の代わりに果実や花を煎じて飲んでいた事をきっかけに、八宝茶が作られた。見た目が色鮮やかで美しい事もあり、中国では冠婚葬祭や来客のおもてなしには欠かせない茶となっている。家庭ごとによって独自の八宝茶がある。体に良い具材から作られる為、昔は薬膳茶として振る舞われていた中国の伝統的な飲み物

概要編集

中国の四川、寧夏、青海などの多くの地域で人気があります。異なる地域のババオ茶の成分はわずかに異なりますが、すべてのお茶をベース材料として、さまざまなドライフルーツや伝統的な漢方薬とともに使用します。それは木から作られていて、 岩砂糖で補われます。お茶は主に緑茶から選択され、一般的な成分はまたはバラ 、 赤ナツメ 、 甘草干し リュウガンメダラゴマレーズンクルミ 、 ナツメ 、 ナツメヤシ 、 乾燥リンゴなどです。一般的に、 蓋のボウル ( 3つのタレット )は醸造に使用されるため、お茶のボウルとも呼ばれます。ドライフルーツごとに開く時間が異なるため、各バブルのフルーツとフレーバーは異なります。近年、市場には良質のババオティーもあり、成分は熱を取り除き、解毒する効果がより顕著になり、現代人の好みを満たします。

外部リンク編集