メインメニューを開く

八木 勇樹(やぎ ゆうき、1989年10月17日 - )は日本陸上競技選手。専門は中距離長距離種目兵庫県神戸市出身。兵庫県立西脇工業高等学校早稲田大学スポーツ科学部卒業後、旭化成に所属。旭化成を退社後の2016年7月に株式会社OFFICE YAGIを設立し、自身が代表を務めるYAGI RUNNING TEAMに所属。

八木 勇樹
yuki yagi
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 八木 勇樹
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離種目
所属 YAGI RUNNING TEAM
生年月日 (1989-10-17) 1989年10月17日(29歳)
生誕地 日本の旗 徳島県徳島市
身長 177cm
体重 60kg
自己ベスト
1500m 3分48秒05(2009年4月5日)
5000m 13分37秒25(2014年5月10日)
10000m 28分42秒36(2014年4月19日)
ハーフマラソン 1時間01分37秒(2014年2月16日)
マラソン 2時間18分41秒(2017年12月17日)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

略歴編集

高校時代まで編集

生まれは徳島県徳島市で、3歳の頃兵庫県神戸市に移り住んだため、出身地の表記は3歳から住んでいる兵庫県神戸市となっている。小学生の頃から陸上競技を始めたが、長距離種目ではなく短距離種目を中心に取り組んでいた。中学生から本格的に長距離種目に取り組み始め、全日本中学選手権には、中学2年時には3000mに出場し、予選落ち。2004年、中学3年時には1500m・3000mの2種目に出場したが、共に予選落ちの結果に終わっている。

西脇工業高校入学後、才能が一気に開花。2005年、高校1年時の国民体育大会少年B3000mで三田裕介に次ぐ2位に入り、全国大会入賞を果たす。2006年、高校2年時の大阪インターハイ5000mで日本人トップとなる5位入賞。この年の国民体育大会は地元兵庫県で開催され、少年A5000mに出場し日本人トップとなる3位入賞を果たした。この時の14分01秒97は当時高2歴代3位の記録である。第57回全国高等学校駅伝競走大会では3区を走り区間賞を獲得し、この大会において西脇工業高校は4位という結果を残した。2007年2月に行われた千葉国際クロスカントリー大会ジュニア男子8km優勝、福岡国際クロスカントリー大会ジュニア男子8km優勝。この結果により第35回世界クロスカントリー選手権のジュニア日本代表に選ばれた。結果は40位。2007年、高校3年時の佐賀インターハイ5000mでは日本人トップとなる3位入賞。同種目で2年連続日本人トップとなった。同年の国民体育大会では少年A5000mでラスト100mからの圧巻のスパートにより外国人選手を抑えて優勝した。高校2年時から3年時にかけてトラック競技では日本人に無敗という驚異的な成績を残した。

大学時代編集

早稲田大学に進学し、競走部に所属。インターハイ日本人1位・2位(三田裕介)・3位(中山卓也)が同大学に進学することになり、メディアを中心に話題となった。かつての早稲田三羽烏花田勝彦武井隆次櫛部静二)の再来と期待され、同学年で早稲田入学後に頭角を現した矢澤曜を含めて「ビッグ4」と称された。2008年、大学1年時は関東学生陸上競技対校選手権大会日本学生陸上競技対校選手権大会に出場したが、不本意な結果に終わった。第20回出雲全日本大学選抜駅伝競走では1区を任されたが、区間17位の大ブレーキとなり大学駅伝デビューはほろ苦いものとなった。2009年、第85回箱根駅伝では7区を走り、区間2位の走りでトップで襷を渡したものの2位の東洋大学に差を詰められ、早稲田大学は8区で逆転され総合2位となった。2009年、大学2年時は第86回箱根駅伝で5区を任されるも区間9位に終わった。2010年、大学3年時の第79回日本学生陸上競技対校選手権大会では1500m2位・5000m5位の2種目入賞を果たした。10月には早稲田大学競走部主将に就任した。第22回出雲全日本大学選抜駅伝競走では3区区間賞の走りでチームは優勝。第42回全日本大学駅伝対校選手権大会では3区区間3位の走りでチームは優勝。第87回箱根駅伝では9区区間2位の走りで総合優勝を果たし、史上3校目の大学駅伝3冠を達成した。2011年、大学4年時には関東インカレ1500mで優勝。早稲田大学は70年ぶりに総合優勝を果たした。ここから大きな故障に悩まされ日本インカレを欠場するも、チームは総合優勝し関東インカレ・前年度の大学駅伝3冠を含め史上初の5冠を達成した。しかし故障は長引き第88回箱根駅伝は欠場を余儀無くされる。「ビッグ4」は三田も欠場、中山は既に競走部を離脱しており、最終学年で出場したのは矢澤だけであった。

社会人時代編集

2012年4月旭化成株式会社に入社。同社陸上部に所属。社会人1年目は大学時代からの故障が長引き目立った成績を残すことは出来なかった。2013年、社会人2年目の後半から復調し、2014年元日の第58回全日本実業団対抗駅伝競走大会ではインターナショナル区間である2区(8.3 km)を走り、日本人トップとなる23分20秒(区間18位)の好タイムをマークした。この記録は2区の日本人歴代最高タイムである。その後、第42回全日本実業団ハーフマラソンでは1時間01分37秒で5位(日本人3位)入賞を果たした。2014年、社会人3年目には第23回金栗記念選抜中・長距離熊本大会5000mで北京オリンピック5000m・10000m日本代表で大学の先輩にあたる竹沢健介ロンドンオリンピック5000m・10000m日本代表の佐藤悠基らを抑え8位(日本人トップ)の成績を残した。2016年6月に旭化成を退社。

YAGI PROJECT編集

旭化成退社後の2016年7月、株式会社OFFICE YAGIを設立し、YAGI RUNNING TEAMを発足させる。代表を務めるかたわらプロランナーとして所属し、2020年東京オリンピック男子マラソンでのメダル獲得を目指している。同年11月に、地元神戸市で開催される神戸マラソンでマラソンデビューを果たし、日本人トップの2位でゴールした[1]

主な戦績編集

マラソン全成績編集

大会 順位 記録 備考
2016 神戸マラソン2016 準優勝 2時間24分30秒 初マラソン
2016 マカオマラソン 8位 2時間27分10秒
2017 ゴールドコーストマラソン 17位 2時間25分56秒
2017 シドニーマラソン DNF 途中棄権 35km付近でリタイア
2017 防府読売マラソン 10位 2時間18分41秒
2018 ロッテルダムマラソン DNF 途中棄権 15km付近でリタイア

駅伝成績編集

大会 区間 距離 順位 記録 備考
2006 第57回全国高等学校駅伝競走大会 3区 8.1075 km 区間賞 24分04秒
2007 第12回全国都道府県対抗男子駅伝 5区 8.5 km 区間3位 25分02秒 兵庫県優勝
2008 第13回全国都道府県対抗男子駅伝 1区 7.0 km 区間2位 20分09秒
2008 第20回出雲全日本大学選抜駅伝競走 1区 8.0 km 区間17位 24分42秒
2008 第40回全日本大学駅伝対校選手権大会 3区 9.5 km 区間2位 27分42秒
2009 第85回箱根駅伝 7区 21.3 km 区間2位 1時間05分07秒
2009 第21回出雲全日本大学選抜駅伝競走 2区 5.8 km 区間5位 16分36秒
2009 第41回全日本大学駅伝対校選手権大会 2区 13.2 km 区間5位 39分19秒
2010 第86回箱根駅伝 5区 23.4 km 区間9位 1時間23分34秒
2010 第22回出雲全日本大学選抜駅伝競走 3区 7.9 km 区間賞 23分15秒 早稲田大学優勝
2010 第42回全日本大学駅伝対校選手権大会 3区 9.5 km 区間3位 27分20秒 早稲田大学優勝
2011 第87回箱根駅伝 9区 23.2 km 区間2位 1時間10分03秒 早稲田大学優勝,駅伝3冠
2013 第50回九州実業団毎日駅伝競走大会 1区 13.4 km 区間7位 旭化成2位
2014 第58回全日本実業団対抗駅伝競走大会 2区 8.3 km 区間18位 23分20秒 日本人1位,日本人歴代最高記録
2014 第51回九州実業団毎日駅伝競走大会 3区 10.5 km 区間5位 30分02秒 旭化成5位
2015 第59回全日本実業団対抗駅伝競走大会 2区 8.3 km 区間27位 24分13秒 旭化成10位

マラソン・駅伝以外の主な戦績編集

大会 種目 順位 記録 備考
2004 第31回全日本中学校陸上競技選手権大会 1500m 予選3組10位 4分15秒70
2004 第31回全日本中学校陸上競技選手権大会 3000m 予選2組7位 8分54秒87
2005 第60回国民体育大会 3000m 2位 8分24秒95 少年B
2006 第59回全国高等学校総合体育大会 5000m 5位 14分23秒18 日本人1位
2006 第61回国民体育大会 5000m 3位 14分01秒97 少年A,日本人1位,高2歴代3位
2007 千葉国際クロスカントリー大会 8 km 優勝 24分04秒 ジュニア
2007 福岡国際クロスカントリー大会 8 km 優勝 24分31秒 ジュニア
2007 第35回世界クロスカントリー選手権 8 km 40位 26分28秒 ジュニア
2007 第60回全国高等学校総合体育大会 5000m 3位 14分04秒25 日本人1位
2007 第62回国民体育大会 5000m 優勝 14分11秒97
2009 第42回東京六大学対校陸上競技大会 1500m 優勝 3分48秒05
2009 ホクレンディスタンスチャレンジ札幌大会 5000m 2位 13分43秒49
2010 第79回日本学生陸上競技対校選手権大会 1500m 2位 3分49秒00
2010 第79回日本学生陸上競技対校選手権大会 5000m 5位 14分07秒20
2011 第90回関東学生陸上競技対校選手権大会 1500m 優勝 3分53秒14
2012 春季延岡記録会 5000m 5組24位 14分31秒44
2012 延岡記録会 10000m 2組16位 29分46秒38
2012 第23回ゴールデンゲームズinのべおか 5000m C組4位 14分02秒95
2012 第55回九州実業団陸上競技選手権大会 5000m 2組8位 14分44秒73
2012 第55回九州実業団陸上競技選手権大会 1500m 2位 3分51秒45
2013 第24回ゴールデンゲームズinのべおか 5000m C組27位 14分23秒02
2013 宮崎県長距離記録会 10000m 2位 30分16秒89
2013 秋季延岡記録会 10000m 2位 28分44秒97
2013 第38回熊本甲佐10マイル公認ロードレース大会 10マイル 15位 47分42秒
2014 第68回香川丸亀国際ハーフマラソン 21.0975 km 82位 1時間05分21秒
2014 第42回全日本実業団ハーフマラソン 21.0975 km 5位 1時間01分37秒 日本人3位
2014 第23回金栗記念選抜中・長距離熊本大会 5000m 8位 13分48秒12 日本人1位
2014 第62回兵庫リレーカーニバル アシックスチャレンジ 10000m 8位 28分42秒36 日本人3位
2014 第25回ゴールデンゲームズinのべおか 5000m 2位 13分37秒25 A組,総合日本人3位
2014 第57回九州実業団陸上競技選手権大会 10000m 3組10位 28分51秒84
2014 第98回日本陸上競技選手権大会 5000m 30位 14分06秒65
2014 ロックンロールハーフマラソン 21.0975 km 32位 1時間09分03秒
2014 第62回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 10000m 2組15位 29分35秒70
2014 第62回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 5000m 1組16位 14分17秒88
2014 秋季延岡記録会 10000m 9位 29分33秒08
2014 第39回熊本甲佐10マイル公認ロードレース大会 10マイル 46位 47分56秒
2015 第99回日本陸上競技選手権大会 5000m 36位 14分10秒96
2015 第52回平成国際大学長距離競技会 5000m 21組4位 14分05秒09
2016 第67回金栗杯玉名ハーフマラソン 21.0975 km 6位 1時間04分37秒
2016 春季延岡記録会 5000m A組3位 14分04秒28
2016 第27回ゴールデンゲームズinのべおか 5000m B組10位 14分06秒05
2016 第32回巨峰の丘マラソン大会 20km 優勝 59分27秒 大会新記録
2016 軽井沢マラソンフェスティバル
ハーフ&ハーフ
21.0975 km
+21.0975 km
優勝 2時間18分51秒
2016 第13回かさま陶芸の里ハーフマラソン 21.0975 km 優勝 1時間05分36秒
2017 奥球磨ロードレース 21.0975 km 15位 1時間05分09秒
2017 第41回千葉マリンマラソン 21.0975 km 優勝 1時間05分10秒
2017 ホノルルハーフマラソンハパルア 21.0975 km 14位 1時間09分31秒 個人総合3位
2017 メルボルンマラソン 21.0975 km 2位 1時間04分50秒
2017 ロックンロールハーフマラソン 21.0975 km 2位 1時間04分36秒
2017 マカオハーフマラソン 21.0975 km 4位 1時間05分28秒
2018 ワルシャワハーフマラソン 21.0975 km 8位 1時間05分03秒
2018 メルボルンマラソン 21.0975 km DNF 途中棄権 10km付近でリタイア

自己記録編集

種目 記録 大会 備考
1500m 3分48秒05 2009年4月5日 第42回東京六大学対校陸上競技大会
3000m 8分11秒53 2013年6月1日 世田谷陸上競技会
5000m 13分37秒25 2014年5月10日 第25回ゴールデンゲームズinのべおか
10000m 28分42秒36 2014年4月19日 第62回兵庫リレーカーニバル アシックスチャレンジ
10マイル 47分30秒 2011年2月13日 第51回唐津10マイルロードレース
ハーフマラソン 1時間01分37秒 2014年2月16日 第42回全日本実業団ハーフマラソン
マラソン 2時間18分41秒 2017年12月17日 防府読売マラソン2017

脚注編集

  1. ^ [1] 神戸新聞NEXT|連載・特集|神戸マラソン|関連ニュース|男子はムワンギが初V、八木2位 神戸マラソン

外部リンク編集