メインメニューを開く

八木橋 正雄(やぎはし まさお、1952年1月7日 - )は、日本の言語学者現代ギリシア語方言学・ギリシア語(現代・中世・コイネー・古代)全般の研究者である。

目次

人物・来歴編集

東京都生れ[1]神奈川県横浜市在住。

キプロスレフコシアで、メネラオス・クリストドゥロウの個人教授(キプロス方言)を受ける[2]

東京写真大学(現東京工芸大学)を卒業[1]

経済産業省(当時「通商産業省」)の特許の審査に関わる業務(工業所有権研究室員等)にたずさわる。特許庁審査官・審判官を歴任[3]

古代ギリシア語、現代ギリシア語の学習書を多く著わす。多くは私家版である。[4]

ギリシアの習俗・古代ギリシア遺稿の記録写真および中国の鉄道・習俗のフォトグラファーとして2005年に「八木橋正雄写真展」、2006年に「八木橋正雄写真展:『惜別 中国の蒸気機関車』」[1]、2007年に「個展『古代ギリシア文明の光と影』」[5]、2015年に「八木橋正雄写真展『佳き日の蒸気機関車』」[6]等の個展を開催している。

著作編集

ほかに多数の自費出版による著作がある。

雑誌寄稿編集

  • 「ギリシアの方言」『言語』33(7)、大修館書店、2004年
  • 「現代ギリシャ語キプロス方言のアウトライン <研究ノート> 」(An Outline of the Modern Greek Cypriot Dialect (1))『プロピレア : ΠΡΟΠΥΛΑΙΑ』 no.4 page.49-55、日本ギリシア語ギリシア文学会、 (1992年12月25日)[7]
  • 「アルベルト・トゥンプ『現代ギリシャ民衆口語ハンドブック』、ルイ・ルーセル『現代ギリシャ口語文学記述文法』、ΚΕΜΕ『現代ギリシャ語規範文法』 <『プロピレア』創刊十周年記念特集 「ギリシア語を学ぶ」><現代ギリシア語> 」(Albert Thumb, Handbuch der neugriechischen Volkssprache, Louis Roussel, Grammaire Descriptive du Roméique Littéraire, ΚΕΜΕ, Νεοελληνική γραμματική <Introduction to the Greek Language><Modern Greek> )『プロピレア : ΠΡΟΠΥΛΑΙΑ』 no.10 page.50-54、日本ギリシア語ギリシア文学会、(1998年12月31日)[8]
  • 「現代ギリシャ語キプロス方言のアウトライン(2) <研究ノート>」(An Outline of the Modern Greek Cypriot Dialect (2) <NOTES>)『プロピレア : ΠΡΟΠΥΛΑΙΑ』 no.11 page.40-46、日本ギリシア語ギリシア文学会、(1999年12月31日)[9]
  • 「LES DIALECTS DU GREC MODERNE <ARTICLE> : 現代ギリシア語の諸方言について <論文>」『プロピレア : ΠΡΟΠΥΛΑΙΑ』 no.16 page.1-3、日本ギリシア語ギリシア文学会、(2004年12月31日)[10]
  • 「テオクリトスからウエルギリウスへ(牧歌の誕生) <論文> 」(From Theocrite to Vergil (Birth of Pastorales) <ARTICLE>)『プロピレア : ΠΡΟΠΥΛΑΙΑ』 no.18 page.5-15、日本ギリシア語ギリシア文学会、(2006年12月31日)[11]

評論編集

  • 原産地名称に関する英国の判決 / 欧州特許制度研究会[編][M.Y.担当]1993年/A.I.P.P.I.

脚注編集

[ヘルプ]