メインメニューを開く

公安課

公安課(こうあんか)は、日本の警察である警察庁・警視庁及び道府県警察本部の課であり、公安警察を担う。

警視庁公安部及び道府県警察本部警備部の公安課は、警察庁警備局の警備企画課・公安課から指導を受ける。

日本共産党極左暴力集団右翼団体などに対する、捜査・情報収集を行う。警視庁公安部及び道府県警察本部警備部の下に置かれる。道府県警察本部の規模によって課の数が異なり、大規模警察本部の警備部は、日本共産党関連事案担当の公安第一課、右翼事案担当の公安第二課、極左事案担当の公安第三課といった三課体制で公安課が設置されている[1]。それ以外の県警察本部警備部では、公安課を警備第一課という名称で設置している場合もある[2]

警視庁は、警備部とは別に公安部という組織を置く。そもそも警視庁は日本首都警察という色彩が強く、警視庁公安部は東京都内のみならず、都外で捜査・情報収集にあたることも多い。

参考編集

  • 大野達三『警備公安警察の素顔』(新日本出版社)
  • 警備研究会・著『日本共産党101問』(立花書房)
  • 青木理『日本の公安警察』(講談社現代新書)
  • 大島真生『公安は誰をマークしているか』(新潮新書)

脚注編集

  1. ^ 大島:215ページ
  2. ^ 大島:216ページ

外部リンク編集