メインメニューを開く

公安警察(こうあんけいさつ)とは、「公共の安寧」を目的とする警察内の一部門である[1]

目次

日本の公安警察

日本における公安警察とは警察庁都道府県警察の公安部門を指す俗称で、正式には警備警察の一部門である[2]

警察庁警備局を頂点に、警視庁公安部・各道府県警察本部警備部・所轄警察署警備課で組織される[3]。公安警察に関する予算は国庫支弁となっているので、都道府県警察の公安部門は警察庁の直接指揮下にある[4]

東京都を管轄する警視庁では警備部と別に公安部として特に独立しており、所属警察官約1100名を擁し、都内の所轄警察署警備課と合わせて2000人以上となり、日本の公安警察の中では最大の組織である[5]

公安部は捜査対象ごとに以下のセクションに分かれている[6][7]

全国の公安警察官の三分の一以上は、全て警察庁警備局警備企画課 情報第二担当理事官(「キャップ」または「裏理事官」と称される)が統括する、ゼロと呼ばれる、スパイの獲得や運営などの協力者獲得工作を取り仕切る極秘の中央指揮命令センターの指揮下にある。県警本部長、所属長でさえ、ゼロの任務やオペレーションを知らされていないとされる[8][9]。これは、警察庁警備局などから発せられた特命事項を表の組織で行えば情報漏れのリスクを伴うので、ゼロが全国の公安警察に直接指示を出したほうが表沙汰になる危険が少なく、話が早いからである。また、余計な指揮系統の人間に気を遣わなくて済むメリットもある[10]

戦前に発生した五・一五事件二・二六事件で、警察官が合計6名殉職した過去があるため、警察は自衛隊によるクーデターを警戒しており、公安警察の自衛隊監視班(マル自)が、自衛隊内部の「右翼的な思想を持つ隊員」を監視しているとされる。そのため、終戦記念日8月15日靖国神社に訪れる自衛官は、マル自によって顔写真を撮られているという[11]。また、自衛隊内部の機密情報が、自衛隊関係者や各国大使館駐在武官などが頻繁に出入りする軍事情報誌などを刊行する出版社を経由して流出することが多いため、公安警察はこういった出版社に出入りしている要注意人物をリストアップして、行動を徹底的に監視しているという[12]。自衛隊でも陸上幕僚監部運用支援・情報部別班自衛隊情報保全隊などの諜報・防諜部隊を編成しており、隊員の思想調査だけでなく反自衛隊活動を行う民間人なども監視対象としている

なお、法務省の外局である公安調査庁とは、源流は同じく旧内務省だが、別の組織である。公安調査庁は、公安警察に付与されているような逮捕権や強制捜査権限を有さず、あくまで情報収集による調査にとどまるのに対し、公安警察はそれに加えて、事後的な犯罪捜査も任務とする点で異なる。ただし、公安調査庁次長と、公安警察を統括する警察庁警備局長は、ともに国内の情報機関が集う合同情報会議の構成員であり、また法律により、公安調査庁と警察は協力関係にあるとされている(破壊活動防止法第29条)。

沿革

特別高等警察の流れを汲むとされる[13]

連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)が1945年10月4日に出した「人権指令」(SCAPIN-93、政治的、公民的及び宗教的自由に対する制限の除去の件(覚書))によって、特別高等警察が廃止されることになったが、次田大三郎などの内務官僚は、一応は特高警察を廃止するが、反政府的な動静への「査察・内偵」を早急に建て直すためにも、特高警察に代わるべき組織は早急に作り上げるべきと考えており、その「代わるべき組織」として、1945年12月19日、内務省警保局に「公安課」を、警視庁及び各道府県警察部に「警備課」を設置した[14]。その後、1946年の2月から3月にかけて警視庁及び各道府県警察部の警備課は公安課に改称され、各警察署にも公安係が設置されていった[15]。1946年8月、内務省警保局公安課は、公安第一課と公安第二課に分離し、公安第一課が「公安警察」の主力となった[16]。その後の内務省の解体・廃止と旧警察法の制定後も、国家地方警察本部警備部警備課は五係から一八係に拡充される。1950年前後には公職追放[17]されていた旧特高警察官の多くが公安警察に復帰し、特高警察での経験・ノウハウを活かしている[18]1954年新警察法により、警察庁都道府県警察による中央集権的な警察機構が整備されたが、それは公安警察の拡充・効率化をテコに進められた[19]

公安捜査

公安捜査は、事案の特殊性と保秘の観点から、公安警察官のみで行われる。通常は、対象団体の集会の視察や構成員を追尾して違法行為の有無を確認する視察作業が多い[20]。構成員を饗応して協力者に仕立て上げ、情報を収集することもある[21]。対象とする犯罪も特殊なだけに、事件発生後に捜査するのではなく、不審な対象を発見した場合は公共秩序を乱す行為を行っていなくとも捜査対象に置く場合がある。

公安警察官はたとえ他部門の警察官が同事案を扱っていたとしても、情報交換をせず、警察内部でも秘密主義的であるとされる[22]。ただし、過去に警視庁では連続企業爆破事件警察庁長官狙撃事件など大規模事案において、一つの特別捜査本部に公安部と刑事部双方が投入されたこともある[22]。ところが、双方に情報が分散してしまい、十分な捜査情報が共有されなかったという[22]。例えば、警察庁長官狙撃事件の際は、事件現場にいたとされるオウム真理教信者の警視庁警察官を、南千住警察署特別捜査本部に投入されていた公安部公安第一課が長期間の軟禁状態にし、事情聴取までしていたにもかかわらず、同じ特別捜査本部に投入されていた刑事部にその情報を一切公開しなかったことで捜査に支障が生じたこともあった。

基本的に捜査費用は非公開とされているため、予算の配分が妥当なのかどうか、判断することが難しい状態になっている。2010年には警視庁公安部公安第二課の巡査部長による経費詐取が発覚している。

また、菅生事件のように、非合法な手段による作業が表面化し、問題にされることもある。

公安警察の捜査の対象となっている団体の所属者を微罪逮捕したり、刑事交通の管轄の事案に託けて、対象団体への家宅捜索などを行うことがある。逮捕された者には不起訴になるケースもあるが、公安警察の目的はむしろ逮捕を足がかりとした、事情聴取や押収資料からの情報収集・内情分析であるとされる(このような逮捕のあり方を別件逮捕という)[23]

捜査の段階で電話盗聴盗撮を行う場合もあるとされ、人権侵害として訴えられる場合も多く、日本共産党幹部宅盗聴事件のように違法とされることもあった。1999年(平成11年)に通信傍受法が制定されるまではこの捜査方法の法的位置づけが曖昧だった。なお、公安警察内では、盗撮・盗聴はそれぞれ「秘撮」・「秘聴」と呼ばれる[24][25]

批判

微罪逮捕別件逮捕を利用した捜査や、プライバシーの観点から、捜査手法について批判されることがある。

批判されることがある捜査の例

また、捜査対象となっている団体からの批判もある。

外事警察

旧ソ連関連国の政府による諜報活動、国際テロリズムを捜査するのは公安警察の外事課(外事警察)である。国外において日本の警察に法的な捜査権はないが、国際テロリズム捜査のためには国外での捜査も行う。同時に防衛省情報本部などと協力を行っている。

公安警察官

公安警察に所属している警察官は、公安警察官と呼ばれることが多い。公安警察官は、警務部総務部所属の警察官と並んで、警察内部ではエリートとみなされている。

公安警察官は、マスクで顔を隠したり、部外者(他部門の警察官も含む)に本名や所属を名乗らないなど、自らの特徴を覚えられるのを避けている場合が一般的である。ただし、対象者の性質によっては、公安警察官であることを名乗って公式に接触することもある。

また公安警察官は、対象者を秘匿に行動確認する手法が非常に高いともいわれている。冷戦期に東京駐在を経験した欧米の情報機関の工作官は、日本の公安警察官による行動確認の手法は非常に高度であると評価している[30][31]

参考文献

  • 荻野富士夫『特高警察』岩波新書ISBN 4004313686
  • 警備研究会『日本共産党101問』立花書房ISBN 4803715246
  • 青木理『日本の公安警察』講談社ISBN 4061494880
  • 鈴木邦男『公安警察の手口』ちくま新書ISBN 4480061983
  • 竹内明『時効捜査 警察庁長官狙撃事件の深層』講談社ISBN 4062161702
  • 谷川葉『警察が狙撃された日』三一書房ISBN 4380982149
  • 小山善一郎『日本警察官僚総合名鑑』新時代社ISBN 4787491059
  • 島袋修『公安警察スパイ養成所』宝島社SUGOI文庫。ISBN 4796672540
  • 海渡雄一『反原発へのいやがらせ全記録』明石書店ISBN 4750339490
  • 大島真生『公安は誰をマークしているか』新潮新書、2011年8月20日。ISBN 978-4-10-610433-6
  • 麻生幾『ZERO〈上〉』幻冬舎ISBN 4344001060
  • 別冊宝島『新装版 公安アンダーワールド』宝島社ISBN 4796672567

脚注

  1. ^ 菊池雅之『警察組織解体新書』ぶんか社 P31。ISBN 978-4-8211-6784-5
  2. ^ 大島真生 2011, p. 3.
  3. ^ 大島真生 2011, p. 3-4.
  4. ^ 驚愕の深層レポート 新たなる公安組織< Ⅰ・S >の全貌 前編 現代ビジネス 2010年08月06日
  5. ^ 大島真生, p. 19.
  6. ^ 『警察官という生き方』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年5月22日、P103。ISBN 978-4-86248-712-4
  7. ^ 『警察官の専門常識・基礎知識』滋慶出版〈つちや書店〉、2015年3月1日、P31。ISBN 978-4-8069-1494-5
  8. ^ 麻生(2001):150ページ
  9. ^ 別冊宝島(2009):221ページ
  10. ^ 別冊宝島(2009):222ページ
  11. ^ 警察 「前科」がある自衛隊部隊のクーデターを現在も警戒中 NEWSポストセブン 2015年03月25日
  12. ^ 別冊宝島編集部 編 『新装版 公安アンダーワールド』 宝島社 p.120~121
  13. ^ 大島真生, pp. 18-20.
  14. ^ 荻野富士夫 『特高警察』(岩波新書)P.221
  15. ^ 荻野、P.222
  16. ^ 荻野、P.225
  17. ^ 1万500人の特高警察関係者の中で、内務大臣警保局長、保安・外事・検閲各課長および各府県の警察部長級51人、特高課長・外事課長55人、警部168人、警部補1000人、巡査部長1587人、巡査2127人の合計4990人が休職となり、その後「依願退職」の形で罷免となった。ただし、G項該当追放者はわずかに319人、一斉罷免者の数はさらに少ない86人でしかなかった。1951年9月には、罷免された特高警察関係者の追放解除と、公安警察部門への復帰が本格始動することになる。
  18. ^ 荻野、P.230
  19. ^ 荻野、P.230
  20. ^ 青木(2000):78ページ
  21. ^ 大島真生 2011, p. 33.
  22. ^ a b c 大島真生, p. 21-22.
  23. ^ 青木(2000):34ページ
  24. ^ 大島真生 2011, p. 26.
  25. ^ 大島真生 2011, p. 31.
  26. ^ 資料 2010年 新聞社説News for the People in Japan
  27. ^ 宇都宮健児氏支援のビラ配布が理由による逮捕に対する抗議会見 Independent Web Journal
  28. ^ 大島真生 2011, p. 217.
  29. ^ 日本共産党は2004年の綱領改訂で「革命政府を目指す」という部分を削除している。公安警察・公安調査庁は、同党が「敵の出方論」を公式に放棄していないことを根拠に、同党を監視・調査対象としている。
  30. ^ コンスタンチン プレオブラジェンスキー 『日本を愛したスパイ―KGB特派員の東京奮戦記』(時事通信社) [要ページ番号]
  31. ^ 豪甦『NOC―小説 CIA見えざる情報官』(中央公論新社) [要ページ番号]

各国の公安警察一覧

関連項目