六郷政長

江戸時代中期の大名

六郷 政長(ろくごう まさなが)は、江戸時代中期の大名出羽国本荘藩5代藩主。官位従五位下丹後守伊賀守

 
六郷政長
時代 江戸時代中期
生誕 宝永3年(1706年
死没 宝暦4年8月5日1754年9月21日
改名 長之助(幼名)、政長
別名 民部
戒名 瑞林院鳳山玄祥
墓所 東京都台東区西浅草の万隆寺
官位 従五位下丹後守伊賀守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
出羽国本荘藩
氏族 六郷氏
父母 六郷政晴、笹瀬氏
兄弟 政英政長政蔭、玉子、万里、
生駒親賢婚約者[1]小堀政寧正室ら
阿部正邦
政展佐竹義路継室
政林
テンプレートを表示

略歴編集

宝永3年(1706年)、4代藩主・六郷政晴の次男として誕生。正室は阿部正邦娘。

長兄・政英が病弱で廃嫡されたため、享保11年(1726年)10月2日、父・政晴の嫡子となる。同年10月15日、8代将軍・徳川吉宗に拝謁する。同年12月16日、従五位下丹後守に叙任する。享保20年(1735年)閏3月2日、父・政晴の隠居により、家督を相続した。同年4月15日、お国入りの許可を得る。

宝暦4年(1754年)8月5日、死去。享年49。跡を養嗣子・政林(弟・政蔭の長男)が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 正式婚姻前に病没。