六郷 政林(ろくごう まさしげ)は、江戸時代中期の大名出羽国本荘藩6代藩主。

 
六郷政林
時代 江戸時代中期
生誕 元文2年(1737年
死没 寛政9年9月10日1797年10月29日
改名 弁之助、長之助(幼名)→政経(初名)→政林
戒名 徳厳院殿光道良淳大居士
墓所 東京都台東区西浅草の万隆寺
官位 従五位下兵庫頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
出羽本荘藩
氏族 六郷氏
父母 父:六郷政蔭、母:側室
養父:六郷政長
兄弟 養兄弟:政展佐竹義路継室
正室:阿部正福
政聲政速(三男)、政暁(六男)、
三枝守義正室、逸(大関増輔正室)[1]、ほか
養子:政展六郷政長長男)

生涯編集

元文2年(1737年)、4代藩主・六郷政晴の三男・政蔭の長男として誕生。

寛延4年(1750年)2月27日、5代藩主で伯父・六郷政長の養子になった。宝暦4年(1754年)10月2日、養父・政長の死去により、家督を相続した。なお、養父・政長の長男・政展を養子としたが夭折した。同年10月15日、9代将軍・徳川家重に拝謁した。同年12月18日、従五位下兵庫頭に叙任した。宝暦5年(1755年)4月15日、お国入りの許可を得る。

天明5年(1785年)3月10日、隠居。長男・政聲は早世したため、三男・政速に家督を継いだ。

寛政9年(1797年)9月10日、死去。享年61。

脚注編集

  1. ^ 離縁後船越景範継々室、後中西元武正室。