内山 椿軒(うちやま ちんけん、1723年[注 1]享保8年)- 1788年12月6日天明8年11月9日))は、江戸時代中期の狂歌師儒学者歌人である。名は淳時。通称は伝蔵(伝三とも)。字および別号に賀邸がある。

経歴・人物編集

江戸の生まれ。初め江戸幕府幕臣を務めたとされているが不明である。後に文学に転向し、坂静山から和歌を学ぶ。後に烏丸光胤日野資枝からも和歌を学んだ。

後に狂歌の制作に転じ、多くの門下を著名な狂歌師として育てた。また、江戸における六歌仙の一人となり一躍有名となった。

主な弟子編集

主な著作物編集

  • 『遺珠集』- 没後に刊行。和歌集。
  • 『明和十五番狂歌合』- 狂歌集。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1722年(享和7年)説もある。

出典編集