メインメニューを開く

平秩 東作(へづつ とうさく、享保11年3月28日1726年4月29日) - 寛政元年3月8日1789年4月3日))は、江戸時代後期の戯作者狂歌師漢詩人文人である。幼名は八十郎、後に八右衛門。姓は立松。名は懐之(かねゆき)。字は子玉、嘉穂、東鞠。平秩東作は戯号。号は東蒙山人。父は元尾州藩士で屋号は稲毛屋金右衛門。後に東作が父の屋号を引き継いだ。

経歴編集

平秩東作は内藤新宿の馬宿に生まれた。東作10歳のときに父道佐死去。14歳のとき、父の後を継ぎ煙草商になった。漢文学和歌の教養があり、平賀源内と親交を持った。伊藤蘭嵎が師であったという説もある[1]天明3年(1783年)から4年まで松前江差に滞在し、アイヌの風俗や蝦夷地の風土について見聞したところを記した『東遊記』を著した。狂歌人としても有名で内山賀邸・四方赤良(大田南畝の狂歌の号)などとも交友を持った。失脚した土山宗次郎が追いつめられて逃走した際、所沢の山口観音に匿ったことが発覚して捕縛された。

平賀源内が獄死したのち、罪人である遺体の引き取り手のなかった中、公儀に目をつけられるのを覚悟の上で東作が引き取った、とされる。

作品編集

  • 二国連璧談
  • 東遊記
  • 狂歌師細見
  • 狂歌百鬼夜狂(狂歌集)

脚注編集

  1. ^ 三村竹清『本之話』岡書院、1930年、32p。

関連項目編集