メインメニューを開く

日野 資枝(ひの すけき)は、江戸時代中期から後期にかけての公家歌人藤原北家日野家庶流烏丸家内大臣烏丸光栄の末子。日野家36代当主。

経歴編集

日野資時の養子となり跡を継ぐ。後桜町天皇に子・資矩と共に和歌をもって仕えた。

優れた歌人であり、同族の藤原貞幹番頭土肥経平塙保己一らに和歌を伝授した。『和歌秘説』を著している。また、画才にも優れており、第一の文化人として著名である。『日野資枝百首』なる日野資枝の詠んだ和歌100選の本がある。本居宣長に金銭援助もしたことがある。

系譜編集