メインメニューを開く

内田 清之助(うちだ せいのすけ、1884年(明治17年)12月1日-1975年(昭和50年)4月28日)[1] は、日本の鳥類学者。

  • 日本鳥学会第3代会頭(在任期間1946-1947)[2]
  • 日本鳥学会名誉会頭[1]

目次

人物編集

1884年(明治17年)12月1日、東京都中央区銀座(当時は東京市京橋区)五丁目角のたばこ屋に生まれた[1]。中学時代から自然にあこがれ、旧制第一高等学校の二部乙類に入学[3]1908年(明治41年)東京帝国大学農科大学獣医学科に進学、卒業後は鳥学者となり、東大卒業後副手[2]。獣医学士[4]1918年(大正7年)に農商務省によって「狩猟法」の改正がなされ、「農林業上有益な野生鳥獣の保護繁殖と狩猟鳥獣の利用増殖」を目的とした「鳥獣調査事業」が始まり、内田はその総括・指導のため農商務省技師に任ぜられた[2]。その後、農林省鳥獣調査室長などを歴任した[1]1975年(昭和50年)4月28日、心筋梗塞のため死去[1]。90歳。

1925年 東京帝国大学 農学博士 論文の題は「Studies on amblycerous mallophaga of Japan(日本産隠角羽虱類の研究)」[5]

家族編集

心理学者の内田勇三郎は実弟、魚類学者の内田恵太郎は従兄弟にあたる。

著書編集

  • 『日本鳥類図説』(1913年、警醒社書房)[2]
  • 『鳥類講話』(1917年、裳華房)(1925年、『鳥学講話』となる)[2]
  • 『鳥と旅』(1973年、芸艸堂)[2]

論文編集

  • 内田清之助 (1909), “本邦にて得たる線蟲類の一科Strongylidae(承前)”, 動物学雑誌 21 (250): 321-335, ISSN 00445118, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003357659/ 

関連人物編集

脚注・文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 朝日新聞(東京)夕刊, 1975年4月30日「内田 清之助氏」
  2. ^ a b c d e f 唐沢孝一. 3代会頭 内田清之助 UCHIDA Seinosuke. 日本鳥学会誌61(2)日本鳥学会100年の歴史, 14, 2012.[1]
  3. ^ 里見大作. 内田清之助先生と駒場.[2]
  4. ^ 内田清之助 1909
  5. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク編集