黒田長礼

日本の鳥類学者、動物学者
黒田長禮から転送)
黒田長礼

黒田 長礼黑田 長禮、くろだ ながみち、1889年明治22年)11月24日 - 1978年昭和53年)4月16日)は、日本華族侯爵)、鳥類学者政治家貴族院議員)。

日本鳥学会会長を務めたことから、「日本鳥学の父」と呼ばれた。旧筑前福岡藩黒田家当主で、黒田長政から数えて14代目に当たる。

家族編集

祖父は第12代福岡藩主・黒田長知。父は貴族院副議長を長く務めた侯爵・黒田長成、母は清子(公爵島津忠義の次女)である。妻は閑院宮載仁親王の第二王女の茂子。長男の長久も長じて鳥類学者となり、山階鳥類研究所所長を務めた。長女の政子は加賀前田家第17代前田利建に、次女の光子は土佐山内家第18代山内豊秋にそれぞれ嫁いだ。

人物編集

東京府東京市赤坂区福吉町(後の東京都港区赤坂二丁目15~23番、六丁目7番)に生まれる。自邸内に広大な日本庭園があり、植栽や鴨池があったため、幼時より鳥類、植物に親しんで育った。日本における分類生物学の草分けのひとりであり、中西悟堂内田清之助鷹司信輔山階芳麿とともに日本野鳥の会の設立発起人となり会頭となる。また、渡瀬庄三郎田子勝彌内田清之助小林桂助岸田久吉とともに戦前の日本哺乳動物学会を設立する。絶滅種であるカンムリツクシガモミヤコショウビンが新種として認定されたのは長礼の功績が大きい。『鳥類原色大図説 全3巻』(1933-1934)や『ジャワの鳥』(2巻 1933-1936)、 Parrots of the World in Life Colours(1975)などの30冊以上の著書があり、「ブックメーカー」と呼ばれた。

『鳥類原色大図説 全3巻』は、昭和8年に宮内省が自費出版した非売品であり、名著と名高く、絵は鳥類画のパイオニア、小林重三が担当し1092種類の絵が描かれている。原画は黒田家が所有していたが、戦災で皆焼けてしまった。 山階芳麿による『日本の鳥類と其の生態』、清棲幸保による『増補改訂版・日本鳥類大図鑑全3巻、増補版1巻』と並び、日本鳥類三大図鑑と呼ばれ、大くの鳥類学者に影響を与えた。[1]

黒田家什宝の寄贈編集

長禮は生前、「黒田家什宝は美術工芸品であっても、郷土福岡との関連において役立てるべき歴史的文化財である」との言葉を残しており、彼の没後、黒田家に伝来した宝物や美術品・歴史資料は亡夫の遺志を継いだ茂子夫人により『黒田資料』としてまとめられ、福岡市に寄贈された[2]。『黒田資料』はその後、福岡市東区志賀島出土の『漢委奴国王印』・刀『へし切長谷部』・太刀『日光一文字』(以上3点国宝)や天下三名槍の『日本号』などのように歴史的価値の高いものは福岡市博物館へ、書画など美術的価値の高いものは福岡市美術館へ分けられて収蔵・展示されている[3][注釈 1]

年譜編集

著書編集

単著編集

  • 『羽田鴨場の記』斎藤豁、1908年10月。
  • 『Ducks of the world』日本鳥学会、1912年10月。
  • 『Geese and swans of the world』日本鳥学会、1913年10月。
  • 『台湾島の鳥界』日本鳥学会〈日本鳥学会臨時刊行物 第6編〉、1916年10月。NDLJP:985893
  • 『鮮満鳥類一班』日本鳥学会〈日本鳥学会臨時刊行物 第7編〉、1917年12月。
  • 『鷸千鳥類図説』裳華房書店、1918年12月。
  • 『六郷川口に於ける鷸・千鳥類の「渡り」』日本鳥学会〈日本鳥学会臨時刊行物 第8編〉、1919年7月。
  • 『対馬ノ動物ニ関スルモノ』内務省〈史蹟名勝天然紀念物調査報告 第22号〉、1921年4月。NDLJP:976804
  • 『静岡県伊東町「浄の池」ノ魚類ニ関スルモノ』内務省〈史蹟名勝天然紀念物調査報告 第26号〉、1921年10月。NDLJP:976807
  • 『富士山鳥界一斑』黒田長礼、1926年12月。
  • 『鳥類原色大図説』第1巻、修教社書院、1933年10月。
  • 『鳥類原色大図説』第2巻、修教社書院、1934年1月。
  • 『鳥類原色大図説』第3巻、修教社書院、1934年3月。
    • 『鳥類原色大図説』第1巻、講談社、1980年7月、新版。
    • 『鳥類原色大図説』第2巻、講談社、1980年7月、新版。
    • 『鳥類原色大図説』第3巻、講談社、1980年7月、新版。
      • 『鳥類原色大図説』第1巻、香柏社、1997年3月、復刻版。ISBN 9784874490235
      • 『鳥類原色大図説』第2巻、香柏社、1997年3月、復刻版。ISBN 9784874490235
      • 『鳥類原色大図説』第3巻、香柏社、1997年3月、復刻版。ISBN 9784874490235
  • 『哺乳類』三省堂〈脊椎動物大系〉、1937年6月。
  • 『雁と鴨』修教社書院、1939年2月。
  • 『原色日本哺乳類図説』三省堂、1940年7月。
  • 『日本の獣』文祥堂〈新科学選集〉、1948年11月。
  • 『日本獣類図説』創元社、1953年9月。
  • 『小鳥の飼い方』愛隆堂〈実用入門叢書〉、1957年。
  • 『旅と鳥 鳥とともに六十年』法政大学出版局、1958年10月。
  • 『世界のオウムとインコ』日本鳥学会、1967年6月。
  • 『世界のオウムとインコの図鑑』講談社、1975年10月。
  • 『黒田長礼博士論文集』1(魚類)、黒田奨学会、2007年8月。ISBN 9784901483209
  • 『黒田長礼博士論文集』2(鳥類1)、黒田奨学会、2008年12月。ISBN 9784901483315
  • 『黒田長礼博士論文集』3(鳥類2)、黒田奨学会、2012年8月。ISBN 9784901483513
  • 『黒田長礼博士論文集』4(環境保護)、黒田奨学会、2014年1月。ISBN 9784901483643

編纂編集

  • 『日本産哺乳類目録』ヘラルド社、1938年6月。

翻訳編集

  • 『哺乳類』ライフ編集部編、リチャード・カーリントン解説、時事通信社〈ライフネーチュアライブラリー〉、1964年9月。
    • 『哺乳類』ライフ編集部編、リチャード・カーリントン解説、時事通信社〈ライフネーチュアライブラリー〉、1970年10月、改訂版。
    • 『哺乳類』ライフ編集部編、リチャード・カーリントン解説、時事通信社〈ライフネーチュアライブラリー〉、1975年11月、新装版。

校閲編集

  • 水野馨『満州鳥類分布目録』水野馨、1934年10月。

共著編集

  • 岡田利兵衞、黒田長礼、三井高遂『飼ひ鳥七講』上、文化生活研究会〈小鳥の飼ひ方叢書 第9篇〉、1926年12月。
  • 田中茂穂、雨宮育作、黒田長礼、石川昌、中沢毅一、瀧巖内田亨山田幸男『水産動植物図説 有用・有害・観賞』大地書院、1933年6月。
  • 『お濠の白鳥 コブハクチョウとその飼育』高樹嘉一編、皇居外苑保存協会、1957年3月。
  • 一万田尚登、黒田長礼『黒鳥』皇居外苑保存協会、1959年6月。
  • 斎藤弘吉今村泰二、黒田長礼『愛犬ものがたり・楽しい動物教室・鳥獣魚』講談社〈全集日本動物誌 12〉、1983年4月。ISBN 9784061477124

論文編集

栄典編集

位階
勲章等

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ なお、黒田茂子が福岡市に寄贈した物以外にも黒田家伝来の国宝重要文化財は多数あり、重文『唐絵手鑑「筆耕園」』など(東京国立博物館)、国宝『太刀 銘安家』、重文『維摩居士像』、重文『梅に鴉図』など(京都国立博物館)、重文『太刀 銘国村』、『井戸茶碗銘・奈良』、『高取砧形花活』、『耳付茶入』など(出光美術館)、重文『手鑑「毫戦筆陣」』、『寂室元光墨跡餞別偈』、『瀬戸春慶胴締建水』など(五島美術館)、重文『金光明最勝王経』(大東急記念文庫)、国宝『丹霞焼仏図 禅機図断簡』、重文『青磁銹斑文瓶』(石橋財団)、重文『大坂夏の陣図屏風』(大阪城天守閣所蔵)、重文『吾妻鏡』(国立公文書館)、重美『西湖図襖』(サントリー美術館)、重文『高士観月図』(MOA美術館)、『刀名物岩切海部』、重文『短刀 朱銘稲葉志津』(個人蔵)、重文『太刀 銘助宗』(法人蔵)などが知られている[4]

出典編集

  1. ^ 日本鳥類三大図鑑についてhttp://strix.in/blog/index.php?itemid=663
  2. ^ 福岡市博物館(2001)、p.2, p.4
  3. ^ 福岡市美術館サイト「コレクションについて」
  4. ^ 『黒田家御什宝実録』より
  5. ^ 『官報』第1009号、「叙任及辞令」1915年12月11日。
  6. ^ 『官報』第4009号「叙任及辞令」1940年5月21日。

参考文献編集

  • 福岡市博物館『福岡市博物館所蔵 黒田家の甲冑と刀剣(第二版)』福岡市博物館、2001年


日本の爵位
先代:
黒田長成
侯爵
福岡黒田家第2代
1939年 - 1947年
次代:
華族制度廃止
その他の役職
先代:
黒田長成
黒田氏18代当主
1939年 - 1978年
次代:
黒田長久