内藤 信敦(ないとう のぶあつ)は、江戸時代後期の大名で、越後村上藩の第6代藩主。江戸幕府では奏者番寺社奉行若年寄京都所司代などの要職を歴任した。

 
内藤 信敦
Naitō Nobuatsu.jpg
内藤信敦像(村上市歴史資料館蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 安永6年10月1日1777年10月31日
死没 文政8年4月6日1825年5月23日
別名 三左衛門
戒名 綜理院整誉致格文憲
官位 従五位下豊前守、従四位下紀伊守
幕府 江戸幕府
越後村上藩主
氏族 内藤家 (信成系)
父母 父:内藤信凭 母:奥平松平忠恒の娘
正室:柳沢保光の娘、
継室:久松松平定信の娘(牧野忠精の養女)
信方信親、その他多数
テンプレートを表示

経歴編集

1777年安永6年) 10月1日、江戸村上藩屋敷で生まれる。側室は清島氏。1781年天明元年) : 家督相続。1800年寛政12年) : 奏者番。1813年文化10年)寺社奉行(6月24日

1817年(文化14年) : 若年寄(7月24日)、1823年文政5年) : 京都所司代(9月3日)、 1825年(文政8年)、在職中に京都で死去(4月6日)、享年49。

死後の大正14年11月10日、贈従四位。