メインメニューを開く

円通寺(えんつうじ)は、兵庫県豊岡市にある臨済宗南禅寺派の中本山である。沢庵が滞在し、また赤穂浪士大石良雄の次男・大石吉之進が出家した寺で知られる。別名あじさい寺

円通寺
所在地 兵庫県豊岡市竹野町須谷940
位置 北緯35度38分0.2秒
東経134度45分11秒
山号 萬年山
宗派 臨済宗南禅寺派
寺格 中本山
創建年 1389年元中6年)
開山 月菴宗光
開基 山名時義時熙父子
別称 あじさい寺
法人番号 6140005012293
テンプレートを表示

1389年元中6年)、但馬守護山名時義時熙(時熈)父子が、高僧月菴宗光禅師を招いて円通寺を創建。最盛期には2院と36の塔頭、14の末寺を有していた[1]

境内には参道や日本庭園などに約五千株のアジサイが植えられており、毎年6月下旬に当山で「須谷あじさいまつり」が開催される。

目次

境内編集

  • 総門
  • 本堂
  • 鐘楼
  • 日本庭園
  • 山名時義・山名時熙の墓所

文化財編集

交通アクセス編集

周辺編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集