メインメニューを開く

大明寺(だいみょうじ)は、兵庫県朝来市生野町黒川[1]黒川渓谷)にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は雲頂山。本尊は釈迦牟尼仏

大明寺
所在地 兵庫県朝来市生野町黒川463
位置 北緯35度14分0.2秒
東経134度52分54.1秒
山号 雲頂山
宗旨 臨済宗禅宗
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 釈迦牟尼仏
創建年 1367年正平22年)
開基 山名時熙
正式名 雲頂山大明禅寺
雲頂山大明禪寺
雲頂山大明寺
文化財 方丈庫裡開山堂(朝来市指定有形文化財)
法人番号 4140005010621 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

この寺は、南北朝時代1367年正平22年/貞治6年)、山名時熙の開基により美濃の僧月菴宗光が開山となって創建されたと伝えられる(時熙の木像が安置されている)。室町時代中頃から荒廃したが、江戸時代に入り寛永年間(1624年1644年)に大愚によって再興され、1649年慶安2年)には江戸幕府から朱印状を受け、江戸時代には多くの末寺を有した。

文化財編集

交通アクセス編集

周辺編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集