再春 (松本清張)

松本清張の短編小説

再春』(さいしゅん)は、松本清張短編小説。『清張短篇新集』第10話として『小説新潮1979年2月号に掲載され、1979年12月に短編集『隠花の飾り』収録の1作として、新潮社より刊行された。

再春
作者 松本清張
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 短編小説
シリーズ 隠花の飾り
発表形態 雑誌掲載
初出情報
初出小説新潮1978年2月
出版元 新潮社
刊本情報
収録 『隠花の飾り』
出版元 新潮社
出版年月日 1979年12月5日
ウィキポータル 文学 ポータル 書物
テンプレートを表示

1986年にテレビドラマ化されている。

あらすじ 編集

鳥見可寿子は中国地方第一の都市に住んでいたが、東京の文学雑誌に出した小説が新人賞となり、続いてその年のある文学賞となった。土地のテレビは彼女を映し、地方紙はインタビュー記事を掲げた。冷やかし半分に妻の執筆を見ていた夫の敏雄だったが、その後も可寿子の小説が東京で好評を得たため、自身も東京本社に転勤する可能性が出てきたと言い、妻への気持ちが変わってきた。

そのうちに伝統ある競合雑誌からも原稿依頼が来たが、可寿子は書くべきテーマが浮かばなかった。焦った彼女は、知人でこの土地の名士である川添菊子に小説のヒントを求める。菊子夫人の友人の話題を素材にして、可寿子は小説「再春」を発表した。ところが…。

エピソード 編集

  • 著者は本作発表の4年後に以下のように記している。「『再春』は、わたし自身の苦い経験である。まだ小倉市(現・北九州市)に居たころ、家裁調停委員の丸橋静子さんから聞いた話を『文藝春秋』に『春の血』と題して発表したところ、トーマス・マンの『欺かれた女』をそのまま取ったといわれた。わたしは『欺かれた女』を読んでいなかった。『春の血』はわたしの小説集にも入れず、『全集(『松本清張全集』を指す)』(第一期)からも削除している」[1]。『春の血』は『文藝春秋』1958年1月号に掲載された短編小説である。
  • 北村薫は小説「水源地はどこか」において、作中で鳥見可寿子を批判する評論家は荒正人がモデルであるとし、「1957年12月に発表された清張の短篇『春の血』に対して、荒はなぜ時間の経過した1958年春になってから文句をつけたのか」とする謎を設定、背景に横溝正史をめぐる応酬[2]があったと推測している[3]

テレビドラマ 編集

松本清張サスペンス 隠花の飾り
再春
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『再春』
脚本 田中晶子
監督 小田切成明
出演者 檀ふみほか
製作
制作 関西テレビ
放送
放送国・地域  日本
放送期間1986年6月23日
放送時間22:00 - 22:54
放送枠関西テレビ制作・月曜夜10時枠の連続ドラマ
テンプレートを表示

1986年6月23日関西テレビ制作・フジテレビ系列(FNS)の「松本清張サスペンス 隠花の飾り」(22:00-22:54)の1作として放映。

キャスト
スタッフ
関西テレビ制作・フジテレビ系列 松本清張サスペンス・隠花の飾り
前番組 番組名 次番組
お手玉
(1986.6.16)
再春
(1986.6.23)
百円硬貨
(1986.6.30)

脚注・出典 編集

  1. ^ 著者による「着想ばなし(7)」(『松本清張全集 第42巻』(1983年、文藝春秋)付属の月報に掲載)参照。
  2. ^ 詳細は、荒正人・中島河太郎編『推理小説への招待』(1959年、南北社)を参照。
  3. ^ 北村薫「水源地はどこか」(『オール讀物』2018年6月号掲載、『中野のお父さんは謎を解くか』(2019年3月、文藝春秋)収録)また<北村 薫インタビュー>娘と父の名コンビで挑む! 人気シリーズ第二弾 『中野のお父さんは謎を解くか』”. 文藝春秋 (2019年5月14日). 2022年7月17日閲覧。も併せて参照。