再葬墓(さいそうぼ)とは、一度埋葬した遺体を、白骨化してから骨壺などの骨蔵器に入れて再び穴に埋めた墓のことである。縄文時代弥生時代に行われていた方法であり、特に弥生時代中期に東日本で発達した[1][2][3]。弥生時代、しばしば壺形土器によって再葬墓が行われていた。壺は、1つの穴に複数埋めるのも特徴である。

脚注編集

  1. ^ 女方遺跡(おざかたいせき) | 筑西市公式ホームページ”. www.city.chikusei.lg.jp. 2020年11月13日閲覧。
  2. ^ 1 再葬墓ってなあに?人面付土器ってなあに? | 常陸大宮市公式ホームページ”. www.city.hitachiomiya.lg.jp. 2020年11月15日閲覧。
  3. ^ 再葬墓(さいそうぼ)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2020年11月15日閲覧。