メインメニューを開く

冠ヶ岳(かんむりがたけ)は、神奈川県足柄下郡箱根町にある標高1,409mの火山である。箱根火山の中央火口丘を構成する一峰。

冠ヶ岳
Mt.Kanmurigatake from Owakudani 02.jpg
北麓から
標高 1,409 m
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町
位置 北緯35度14分07秒
東経139度01分13秒
座標: 北緯35度14分07秒 東経139度01分13秒
山系 箱根山
種類 溶岩ドーム[1]
最新噴火 約2,900年前[2]
冠ヶ岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

約2,900年前[2]に、神山の北西斜面で水蒸気爆発が発生し、大きな崩壊が起こった[1]。その後、マグマが地表に達して形成されたのが冠ヶ岳溶岩ドームである[1]。このドームの形成に伴って火砕流も発生させており、規模の大きいものは外輪山にある長尾峠を越えて静岡県側にも達している[1]。この噴火で崩れた土砂は早川を堰き止め、芦ノ湖仙石原を作りだした[1]

麓の大涌谷から見ると烏帽子の形に見える。

北西から(長尾峠から)見た冠ヶ岳と神山。噴気の出ているところが大涌谷

登山編集

北山頂は木々で覆われていて、展望はない。登山道大涌谷駅早雲山駅箱根駒ヶ岳頂上駅から登る道がある。大涌谷からのコースは、火山ガス濃度が高い時に通行止となることがある。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 出典 : 箱根町火山防災マップ 箱根火山のおいたち - 箱根町、2016年10月閲覧
  2. ^ a b 出典 : 箱根火山大涌谷テフラ群: 最新マグマ噴火後の水蒸気爆発堆積物 - 小林淳, 萬年一剛, 奥野充,中村, 袴田和、2016年10月閲覧

関連項目編集

外部リンク編集

箱根町火山防災マップ 箱根火山のおいたち - 箱根町