メインメニューを開く

冠松次郎

冠松次郎(かんむり まつじろう, 1883年2月4日 - 1970年7月28日)は、日本登山家であり、黒部峡谷の地域研究、山岳紀行文でも知られる。東京生まれ。

経歴編集

1902年明治35年)頃より登山を開始し、奥多摩日光富士山などの山を登った。日本アルプスの初登山は、1909年(明治42年)。1911年(明治44年)、白馬岳に登り、祖母谷を流れに沿って下り、初めて黒部峡谷に入る。その後、黒部の虜となり、本流を中心として支流・尾根を踏査し、秘境黒部の谷や山の全貌を明らかにした。1917年大正6年)、早月尾根より剱岳に登攀。1918年(大正7年)には、立山一ノ越より御山谷を下降した。1919年(大正8年)は、赤石山脈聖岳にある遠山川西沢を初下降する。1925年(大正14年)、黒部川下廊下を鐘釣より平まで完全遡行に成功する。

その他にも、日本アルプス奥秩父の渓谷の多くを遡行し、また優れた記録や紀行文を残してその魅力を広く紹介し、登山の中に沢登りという日本独自の分野を開いた。「黒部の父」とも呼ばれる。1953年昭和28年)、日本山岳会名誉会員。

著書編集

  • 『黒部渓谷』(平凡社ライブラリー, 1996年ISBN 4-582-76145-3
  • 『立山群峰』
  • 『剣岳』
  • 『渓』
  • 『渓からの山旅』
  • 『峰・渓々』
  • 『山渓記』

外部リンク編集