メインメニューを開く

函館中央警察署(はこだてちゅうおうけいさつしょ)は、北海道警察函館方面本部が管轄する警察署の一つである。函館方面本部所在地。管轄区域の人口は、北警察署豊平警察署(いずれも札幌市)に次いで北海道内3番目の大規模署になっている。

Asahikage.svg 北海道函館方面函館中央警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Hakodate-Central-Police-Station-01.jpg
都道府県警察 北海道警察
管轄区域 函館市北斗市亀田郡七飯町
交番数 17
駐在所数 18 + 空港警備派出所 1
所在地 040-0001
北海道函館市五稜郭町15番5号
位置 北緯41度47分46秒 東経140度45分06秒 / 北緯41.79611度 東経140.75167度 / 41.79611; 140.75167座標: 北緯41度47分46秒 東経140度45分06秒 / 北緯41.79611度 東経140.75167度 / 41.79611; 140.75167
外部リンク 北海道函館方面函館中央警察署
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1872年明治5年)6月:函館出張開拓使庁に「ら卒本営」を開設。
  • 1877年(明治10年)3月:函館警察署となる。
  • 1948年昭和23年)3月:警察法施行により、函館警察署が函館地区警察署、水上地区警察署、函館市警察署に分割。
  • 1954年(昭和29年)7月:警察法改正により、函館地区警察署、函館市警察署が北海道警察に統合し、函館中央警察署発足。
  • 1974年(昭和49年)4月:函館方面本部との合同庁舎を五稜郭町に新築(それまでは新川町25-18(現在の函館地方合同庁舎)にあった)。
  • 2004年平成16年)12月:函館市と戸井町恵山町椴法華村南茅部町の合併に伴い、南茅部町の管轄を森警察署から函館中央警察署へ変更[1]

組織編集

  • 署長(警視正
  • 副署長(警視
  • 警務官兼警務課長 - 警務課、会計課、留置管理課
  • 地域官兼地域課長 - 地域課
  • 刑事・生活安全官 - 刑事第1課、刑事第2課、刑事第3課、生活安全課
  • 交通官 - 交通第1課、交通第2課
  • 警備課

交番・駐在所編集

括弧内は所在地を表す[2]

函館市編集

  • 美原交番(函館市美原2丁目38)
    • 赤川交番(当時所在地:函館市美原3丁目1-7)と鍛神交番(同、函館市中道2丁目24-10)を統合し、2018年4月13日から運用開始[3]
  • 桔梗交番(函館市桔梗1丁目7-11)
  • 駒場交番(函館市駒場町13-12)
  • 昭和交番(函館市昭和4丁目27-20)
  • 新川交番(函館市堀川町6-1)
  • 杉並交番(函館市杉並町23-10)
  • 富岡交番(函館市富岡町1丁目44-7)
  • 人見交番(函館市人見町17-16)
  • 本町交番(函館市本町7-20)
  • 湯川交番(函館市湯川町1丁目32-3)
  • 東山交番(函館市東山2丁目1-25)
  • 日吉交番(函館市日吉町1丁目24-2)
  • 旭岡駐在所(函館市西旭岡町2丁目51-6)
  • 石崎駐在所(函館市石崎町302-1)
  • 臼尻駐在所(函館市臼尻町119)
  • 恵山駐在所(函館市日ノ浜町153-1)
  • 恵山西駐在所(函館市中浜町74-1)
  • 尾札部駐在所(函館市尾札部町339-1)
  • 上湯川駐在所(函館市上湯川町11-1)
  • 亀尾駐在所(函館市亀尾町58-1)
  • 銭亀駐在所(函館市銭亀町141-5)
  • 戸井駐在所(函館市浜町16-3)
  • 戸井西駐在所(函館市小安町523-9)
  • 椴法華駐在所(函館市新八幡町130-4)
  • 南茅部駐在所(函館市川汲町427)
  • 空港警備派出所(函館市高松町511 函館空港内)

北斗市編集

  • 北斗交番(北斗市飯生2丁目1-9)※交番所長は警視
  • 大野交番(北斗市本町1丁目5-7)[4]
  • 七重浜交番(北斗市七重浜1丁目14-19)
  • 当別駐在所(北斗市当別3丁目3-9)
  • 茂辺地駐在所(北斗市茂辺地2丁目5-37)

七飯町編集

  • 七飯交番(亀田郡七飯町本町6丁目2-13)
  • 大沼駐在所(亀田郡七飯町字大沼町254-3)
  • 峠下駐在所(亀田郡七飯町字峠下304-3)
  • 七飯南駐在所(亀田郡七飯町字大川6丁目15-1)

備考編集

  • 2008年より地域課長を3名配置して3交替制勤務とした。
  • 2010年より機能強化を図るため各課の統合を行い、課長に警視を充て、その下に警部の統括官を配置した。
  • 2012年より各課の統括官を課長代理に改称した。
  • 2013年より警務課長を除き課長を警部に変更し、その上に刑事生活安全官、地域交通官を配置した。

未解決事件編集

  • 2006年(平成18年)12月:函館市タクシー運転手強盗殺人・死体遺棄事件(函館西警察署との合同捜査本部設置)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 南茅部町、函館中央署管轄に 20年ぶり警察署区域見直し”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2004年11月5日). 2016年6月9日閲覧。
  2. ^ 所在地の表記は北海道函館方面函館中央警察署ウェブサイト(地域)の各交番ブロックリンク先に準じている。2016年6月1日閲覧。
  3. ^ 北海道函館方面函館中央警察署ウェブサイト(地域 - 美原交番の運用開始):より。2018年6月1日閲覧。
  4. ^ “大野駐在所 交番に“昇格” 新幹線開業で観光客増に対応”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年4月16日). http://mainichi.jp/articles/20160413/ddl/k01/040/273000c 2016年6月9日閲覧。 

外部リンク編集