南茅部町(みなみかやべちょう)は、北海道渡島支庁中部にあった

みなみかやべちょう
南茅部町
廃止日 2004年12月1日
廃止理由 編入合併
戸井町恵山町椴法華村
南茅部町函館市
現在の自治体 函館市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 渡島支庁
茅部郡
団体コード 01342-1
面積 158.42km²
総人口 7,278
(住民基本台帳人口、2004年11月30日)
隣接自治体 函館市茅部郡鹿部町
亀田郡恵山町椴法華村
町の木 キタゴヨウマツ
町の花 サラサドウダン
町の鳥 オオルリ
南茅部町役場
所在地 041-1692
北海道茅部郡南茅部町字川汲1520番地
外部リンク 函館市南茅部支所
座標 北緯41度54分18.9秒
東経140度58分11.8秒
5.南茅部町
5.南茅部町
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

町名の由来はアイヌ語の「カヤウンベシュ」(帆のがけの意)から。 2004年(平成16年)12月1日函館市に編入された。

北海道唯一の国宝中空土偶が出土され、数多くの遺跡があり、現在も発掘調査が行われている。

目次

地理編集

渡島管内中部、亀田半島北東部に位置する。北部は噴火湾に面し、南部は山岳。 平地の少ない険しい地形。

  • 山: 台場山 (528) 、泣面山 (835)
  • 河川:川汲川、大船川、八木川
  • 湖沼:
  • 岬: 黒羽尻岬・黒鷲岬・獅子鼻岬・弁天岬

隣接していた自治体編集

沿革編集

姉妹都市・提携都市編集

経済編集

漁業が盛ん。特産品はマコンブ(真昆布)。

この地域で生産される昆布は「白口浜真昆布」と言われ、日本一の最高級昆布として天皇家に献上されている。

現在はスーパーや土産店でも販売されているが、価格が日高昆布利尻昆布とは格段の違いがある。

また、以前は真昆布漁の邪魔者とされていたガゴメコンブ(がごめ昆布)が、これから抽出されるフコイダンをはじめとする豊富な栄養成分が商品化されるようになり、健康ブームも相まってがごめ昆布の養殖も近年行われている。

なお、がごめ昆布はこの水域からしか取れないと言われている。

漁業編集

  • 大船漁港
  • 臼尻漁港
  • 安浦漁港
  • 川汲漁港
  • 尾札部漁港
  • 木直漁港
  • 古部漁港

教育編集

  • 道立高等学校
  • 中学校
    • 臼尻、尾札部
  • 小学校
    • 臼尻、大船(双見小が編入)、磨光(木直小、古部小が編入)

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身の有名人編集

関連項目編集