亀田郡

日本の北海道の郡
北海道亀田郡の位置(1.七飯町 黄:明治期)

亀田郡(かめだぐん)は、北海道渡島国渡島総合振興局

以下の1町を含む。

目次

郡域

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記1町のほか、以下の区域にあたる。

  • 函館市の一部(岩戸町・双見町・大船町・豊崎町・臼尻町・安浦町・川汲町・尾札部町・木直町・古部町を除く)
  • 北斗市の一部(萩野、一本木、千代田、村内、文月、中山、村山以北)

歴史

郡発足までの沿革

平安時代保延元年(崇徳天皇のころ)に人々は海上安全を願って神社を祀った。古くは観音堂と呼ばれ、これは江戸時代以降の船魂大明神の前身である。

室町時代までに道南十二館のうち宇須岸館志苔館が築かれていた。宇須岸館はその形から箱館とも呼ばれ、函館(箱館)という地名の由来となっている。応仁の乱のちょうど10年前の1457年康正3年、長禄元年)に起きたコシャマインの蜂起は志濃里(志海苔)で戦端が開かれた。

江戸時代の亀田郡は和人地となっており、箱館には北前船も寄港していた。陸上交通は、箱館と津軽郡松前を結ぶ奥州街道松前道)や、茅部峠を経て茅部郡鷲ノ木方面に至る道が通じていた。宝永7年、真宗大谷派函館別院の前身の阿弥陀堂が上磯郡木古内村より箱館に移転している。

亀田郡域は当初松前藩領となっていたが、江戸時代後期文化4年、亀田郡域を含む渡島国域が天領とされ箱館奉行が置かれた。文政4年いったん松前藩領に復したが、安政2年、亀田郡域は再び天領とされ箱館奉行もおかれている。同4年、幕命により箱館の阿弥陀堂を本願寺箱館御坊浄玄寺として、本願寺の掛所とされた。安政年間には茅部峠よりも距離の短い藤山 - 軍川間の軍川新道や、箱館方面と檜山郡江差方面を結ぶ鶉山道(大野越)が開削されている。元治元年には箱館奉行所が五稜郭に移転。警固は西部から亀田半島周辺まで松前藩が、東部は南部藩がおこなった。戊辰戦争箱館戦争)は蝦夷共和国(旧幕府軍)と官軍によって戦われ、亀田郡域では二股口の戦いなどの激戦が繰り広げられた。箱館戦争終結直後の1869年大宝律令国郡里制を踏襲して亀田郡が置かれた。

郡発足以降の沿革

 
北海道一・二級町村制施行時の亀田郡の町村(11.大野村 12.七飯村 13.亀田村 14.銭亀沢村 15.戸井村 16.湯川村 17.椴法華村 18.尻岸内村 *:函館区 紫:函館市 桃:北斗市 青:区域が発足時と同じ町村)

参考文献

  • 角川日本地名大辞典 1 北海道
  • 内務省衛生局保健衛生調査室編『各地方ニ於ケル「マラリア」ニ関スル概況』1919年(大正8年)発行(2008年1月21日現在、国立国会図書館の『近代デジタルライブラリー』で閲覧可能)

関連項目